• 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015年08月30日 (日) | 編集 |
夜の国のクーパー (創元推理文庫)
伊坂 幸太郎

夜の国のクーパー (創元推理文庫)
ジャイロスコープ (新潮文庫) 3652: 伊坂幸太郎エッセイ集 (新潮文庫) PK (講談社文庫) 仙台ぐらし (集英社文庫) あるキング: 完全版 (新潮文庫)
by G-Tools

伊坂幸太郎。

「あるキング」は挑戦しすぎだかなという感じでエンターテイメントとして面白いとは思わなかったが、こちらは伊坂作品らしい面白さ。
伏線、軽妙な会話、どんでん返し。


印象としては村上春樹の「ねじまき鳥クロニクル」「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」に近い雰囲気を感じた。




横になっている私の上に猫がいて、喋っている。
猫=トムのいる国を助けてくれと言う。
その国では王が押し寄せた敵国の兵に襲われ死亡。
襲ったのは敵国の兵に扮したその国出身の人々。
王は国民をだまし、敵国=宗主国=鉄の国に人を役務のために差し出していた。
その国ではクーパー退治という伝説がありそれを利用していた。
連れて行く役目を追っていた隊長が人を差し出すのをやめても良いのではと提案したが王は受け入れなかった。
王は自分のことしか考えていない。
そこで体調は見切りをつけて人を隠した。
鉄の国も特に文句は言ってこない。
取るに足らない存在だったからだ。
しかし鉄の国の王が代替わりし、この国を完全に支配しておこうということで本当に兵を向けてきた。
そこでトムが助けを求めて出かけた結果私に出会った。

私は妻が浮気したので家を出てきたところ迷い込んでコチラに迷い込んでいた。

コチラはすべてが小さい世界で私は大人間だった。
トムの依頼に応じ彼らの国へ行き、攻め寄せる鉄の国の兵に向かって出ていけと叫ぶ。
兵たちは逃げ去り、その国は救われる。
その後もその国の土木など手伝い日々を過ごすが、やがて帰る。
ネコとも会話できたのだから細君とも会話できるのではないか、と諭され。

クーパーは、「クックパイン」のことだったのではないか、と。
以前に迷い込んだ人間がそういう言葉を発して、クーパーの伝説になったんじゃないか、と。
劇中劇のようにそういう説明がなされていた。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。