• 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
2015年05月15日 (金) | 編集 |
孫文〈上〉武装蜂起 (中公文庫)
孫文〈上〉武装蜂起 (中公文庫)陳 舜臣

中央公論新社 2006-03
売り上げランキング : 317313

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
孫文〈下〉辛亥への道 (中公文庫) 実録アヘン戦争 (中公文庫) 江は流れず―小説 日清戦争 (上巻) (中公文庫) 袁世凱――現代中国の出発 (岩波新書) 江は流れず 下―小説日清戦争 (中公文庫 A 71-10)


陳舜臣。

孫文が、数度の蜂起、亡命を経て、中華民国を起こす前くらいまで。
清末の、清政府や、諸外国の情勢との絡み合いについて、教科書レベルでしか知らなかったけれど、物語として読むと、よく入ってくる。
理解しやすい。
読後感として、孫文が目指した国と今ある国とはまた違う政体だろうなとも思う。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック