• 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015年02月11日 (水) | 編集 |
よみがえる百舌 (百舌シリーズ) (集英社文庫)
逢坂 剛

よみがえる百舌 (百舌シリーズ) (集英社文庫)
のすりの巣 (百舌シリーズ) (集英社文庫) 砕かれた鍵 (百舌シリーズ) (集英社文庫) 幻の翼 (百舌シリーズ) (集英社文庫) 裏切りの日日 (集英社文庫) 百舌の叫ぶ夜 (百舌シリーズ) (集英社文庫)
by G-Tools

備忘録としてのあらすじ。

百舌事件に絡んだ警官が、百舌と同じ手口で殺される。
美希と大杉は犯人を探す。

津城、他署の警官・紋屋、記者・残間といった人物も登場。
みな、疑わしい動きをする。
作者がミスリードさせようとしている。

美希は何者かに襲われる。

津城が政治家・馬渡との決着のため離島に向かい美希らも追う。

津城は馬渡を銃殺するが、自身も百舌にやられる。
本作での最初の百舌は津城が間接的に操っていたが、その百舌をやった紋屋がなりかわった。
美希を襲ったのも紋屋。

美希はまた捕まってしまう。
どうも美希が足手まといのように思われてならない。
そうしないと話が進まないというのはあるのだろうけど。

美希、大杉と紋屋の死闘。
紋屋は死ぬが相当タフ。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。