2017年09月29日 (金) | 編集 |
銀翼のイカロス (文春文庫)
銀翼のイカロス (文春文庫)池井戸 潤

文藝春秋 2017-09-05
売り上げランキング : 36

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
花咲舞が黙ってない (中公文庫) ロスジェネの逆襲 (文春文庫) まほろ駅前狂騒曲 (文春文庫) オレたち花のバブル組 (文春文庫) オレたちバブル入行組 (文春文庫) アキラとあきら (徳間文庫) 新装版 不祥事 (講談社文庫) カエルの楽園 (新潮文庫) シャイロックの子供たち (文春文庫) インデックス (光文社文庫)


帝国航空の再建を任された半沢。

過去の不正融資、それを指揮した常務紀本。
不正融資の行きつく先は政治家箕部。
帝国航空の再建を自らの指揮のもと名をあげたい政治家白井。
手腕を評価されたい弁護士乃原。
半沢を叩きのめしに来た金融庁黒崎。

紀本とその部下の画策に翻弄されつつ、最終的に倍返しを決める流れが痛快。

最後には、中野渡頭取の辞任、倍返しに協力してくれた検査部富岡の出向と、寂しいことも。

続編が出る場合、誰が頭取になってるんだろう。

スポンサーサイト


2017年09月26日 (火) | 編集 |
「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告 (文春新書)
「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告 (文春新書)エマニュエル・トッド 堀 茂樹

文藝春秋 2015-05-20
売り上げランキング : 9914

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
シャルリとは誰か? 人種差別と没落する西欧 ((文春新書)) 問題は英国ではない、EUなのだ 21世紀の新・国家論 (文春新書) グローバリズムが世界を滅ぼす (文春新書) グローバリズム以後 アメリカ帝国の失墜と日本の運命 (朝日新書) トランプは世界をどう変えるか? 「デモクラシー」の逆襲 (朝日新書) 帝国以後 〔アメリカ・システムの崩壊〕 エマニュエル・トッドで読み解く世界史の深層 (ベスト新書) 自由貿易は、民主主義を滅ぼす 世界の多様性 家族構造と近代性 文明の接近 〔「イスラームvs西洋」の虚構〕


EUを仕切っているのはフランスとドイツと思っていたけど、ドイツらしい。

両国の歴史を振り返ると仲良かったことなんか一回もない、くらい言えそうだけれども、ともかく今はフランスがドイツに従う恰好になっている、と。

国を動かしているのはその国の金融機関である、とも。



2017年09月23日 (土) | 編集 |
グローバリズムが世界を滅ぼす (文春新書)
グローバリズムが世界を滅ぼす (文春新書)エマニュエル トッド 柴山 桂太 中野 剛志 藤井 聡 堀 茂樹 ハジュン チャン Emmanuel Todd

文藝春秋 2014-06-20
売り上げランキング : 17477

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
グローバリズム以後 アメリカ帝国の失墜と日本の運命 (朝日新書) 「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告 (文春新書) 問題は英国ではない、EUなのだ 21世紀の新・国家論 (文春新書) シャルリとは誰か? 人種差別と没落する西欧 ((文春新書)) トランプは世界をどう変えるか? 「デモクラシー」の逆襲 (朝日新書) 帝国以後 〔アメリカ・システムの崩壊〕 自由貿易は、民主主義を滅ぼす 世界の多様性 家族構造と近代性 エマニュエル・トッドで読み解く世界史の深層 (ベスト新書) 世界を戦争に導くグローバリズム (集英社新書)


帝国主義はとうに終わったものと見る方もいらっしゃるしょうが、経済の場にうつり、前と変わらない。

自由貿易という言葉に「自由」とあって聞こえは良いかもしれないが、自由貿易をやれば自国の産業は守れないし、育たない。
ある程度保護しながらやるしかないけど、強い国に押し切られ資本がどんどん流れていく。
一方で、過去のアジア危機のときのように一斉に資金が引き揚げてエライことになるケースもある。



2017年09月20日 (水) | 編集 |
新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方 (文春新書)
新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方 (文春新書)池上 彰 佐藤 優

文藝春秋 2014-11-20
売り上げランキング : 38573

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
大世界史 現代を生きぬく最強の教科書 (文春新書) 新・リーダー論大格差時代のインテリジェンス (文春新書) 世界史の極意 (NHK出版新書) おとなの教養 私たちはどこから来て、どこへ行くのか? (NHK出版新書) 希望の資本論 ― 私たちは資本主義の限界にどう向き合うか 知の武装: 救国のインテリジェンス (新潮新書 551) 国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫) 資本主義の極意 明治維新から世界恐慌へ (NHK出版新書) 世界を変えた10冊の本 (文春文庫) 賢者の戦略 (新潮新書)


池上彰、佐藤優。

世界がどういう状況にあるかを二人が語る。

歴史と宗教を学び、いま世界がどういう状況になって、動いているのか知りましょう。
情報収集は母国語が一番効率が良い。

色んなことを知っているし、牧歌的な方々ではないから、話の筋も分かりやすい。



2017年09月17日 (日) | 編集 |
家族という病 (幻冬舎新書)
家族という病 (幻冬舎新書)下重 暁子

幻冬舎 2015-03-25
売り上げランキング : 21586

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
家族という病2 (幻冬舎新書) わたしが子どもをもたない理由(わけ) 最後はひとり 自分に正直に生きる (だいわ文庫) 家族という名のクスリ 不良老年のすすめ (集英社文庫) もう人と同じ生き方をしなくていい―私の人生心得帖 贅沢な時間: 素敵な大人は、心を遊ばせる術を知っている (知的生きかた文庫―わたしの時間シリーズ) ちょっと気のきいた大人のたしなみ 若者よ、猛省しなさい (集英社新書)


話の大筋として、
「家族」を重く捉えすぎている、重要視しすぎている、結果縛られることになっている、
という話。

「家族だから〇〇」という言説にとらわれずに、個々の人間として向き合ったらどうかという風にも読めた気がする。

読み手がどういう家族とともにあるかによって、本書の見え方もだいぶ変わるだろうと思われる。
自分は共感できる方だった。


余談。
「家族の縛りから離れられない」というくだりから、大学のある講義を思い出した。
法社会学の授業だったが、殺人事件がなぜ起こるかって、殺人そのものが目的でない場合を除けば、加害者・被害者が逃れられない関係にあるから殺すしかないというところに行きついてしまう場合があって、たいがいの殺人は家族で起こる、と。