--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015年06月29日 (月) | 編集 |
SFを実現する 3Dプリンタの想像力 (講談社現代新書)
田中 浩也

SFを実現する 3Dプリンタの想像力 (講談社現代新書)
2040年の新世界: 3Dプリンタの衝撃 トコトンやさしい 3Dプリンタの本 (今日からモノ知りシリーズ) 3Dプリンターで世界はどう変わるのか (宝島社新書) FabLife ―デジタルファブリケーションから生まれる「つくりかたの未来」 (Make: Japan Books) 3Dプリンターが創る未来
by G-Tools

3Dプリンタが電器屋で普通に売り始めてるのでだいぶ普及してきたなと思っていたけれど、思った以上にその使い方は進んでいたようで。
ネットワークで世界がつながり、“設計図”を送受信し、3Dプリンタで再現する。
“複製”されている、と。
物体が、物理的距離を越えてコピーされる、と。

3Dプリンタの性能が向上したり、利用できる素材が増えることでもっと可能性が広がるんだろうな、と。

スポンサーサイト


2015年06月26日 (金) | 編集 |
文庫 堤義明 闇の帝国 (草思社文庫)
七尾 和晃

文庫 堤義明 闇の帝国 (草思社文庫)
西武王国―その炎と影 西武争奪―資産2兆円をめぐる攻防 文庫 世紀の贋作画商: 「銀座の怪人」と三越事件、松本清張、そしてFBI (草思社文庫) ミカドの肖像 (小学館文庫) 最強の経済ヤクザと呼ばれた男 稲川会二代目石井隆匡の生涯 (幻冬舎アウトロー文庫)
by G-Tools

堤家のことよく知らなかったので、ためになった。

普通の感覚じゃないんだろうなぁ、こんなにカネとか色々あると。。。



2015年06月23日 (火) | 編集 |
北斗の拳【究極版】 11 (ゼノンコミックスDX)
原哲夫 武論尊

北斗の拳【究極版】 11 (ゼノンコミックスDX)
北斗の拳【究極版】 12 (ゼノンコミックスDX) 北斗の拳【究極版】 13 (ゼノンコミックスDX) 北斗の拳【究極版】 14 (ゼノンコミックスDX) 北斗の拳【究極版】 15 (ゼノンコミックスDX) 北斗の拳【究極版】 16 (ゼノンコミックスDX)
by G-Tools

1部と2部の間を埋める物語が書き下ろしで収録されてる。
雲のジュウザの息子ショウザが出てくるけど、いったいジュウザは何歳だったんだろうか。。。
ショウザ結構大きいんだよね。
1部の後、ユリアを失って腑抜けになったケンシロウ。
ショウザの住む村のはずれで、ラオウの愛馬だった黒王と暮らしてる。
村が天帝の部隊に襲われ、ショウザは戦って散り、黒王は片目を失う。
そこでケンシロウは再び戦うことを決意し、復活する。

そのあとは、2部が収録。

そういえばずっと前、北斗の拳を知らない友達にあらすじを説明したら、「要は兄弟げんかの話ね」とあっさりまとめられたなぁ(笑)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。