• 02«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015年04月30日 (木) | 編集 |
神聖ローマ帝国 (講談社現代新書)
神聖ローマ帝国 (講談社現代新書)菊池 良生

講談社 2003-07-19
売り上げランキング : 55370

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ハプスブルク家 (講談社現代新書) 戦うハプスブルク家 (講談社現代新書) オスマン帝国 イスラム世界の「柔らかい専制」 (講談社現代新書) 英仏百年戦争 (集英社新書) 生き残った帝国ビザンティン (講談社学術文庫 1866)


備忘録的に。

ローマ帝国が東西に分裂し、西ローマはゲルマン民族に滅ぼされた。
東ローマは、ビザンツ帝国として15世紀まで存続。
10世紀、西ローマの故地の東側、すなわち現ドイツ周辺に神聖ローマ帝国が成立、19世紀まで存続。
オットー、バルバロッサの活躍。
教皇との争い。
オーストリアハプスブルク家の支配。
宗教改革。
ナポレオン。
と、ローマ後のヨーロッパ史に深くかかわってくる存在。

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。