FC2ブログ
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014年03月14日 (金) | 編集 |
「ネットの自由」vs.著作権: TPPは、終わりの始まりなのか (光文社新書)
福井 健策

「ネットの自由」vs.著作権: TPPは、終わりの始まりなのか (光文社新書)
著作権の世紀―変わる「情報の独占制度」 (集英社新書 527A) 著作権法がソーシャルメディアを殺す (PHP新書) 著作権とは何か ―文化と創造のゆくえ (集英社新書) デジタル時代の著作権 (ちくま新書) 文化のための追及権 ─日本人の知らない著作権 (集英社新書)
by G-Tools

著者はしばしばテレビでも見かける福井先生。

ネットに現れてくるものは、テキストにせよ、音楽にせよ、表現されたものであり、すなわち著作物である。
ということは著作権がかかわってくる。
デジタルデータはコピーが大規模に、容易に作られてしまうことから、著作権の本質に真っ向からかかわる問題になってくる。
くわえて、ネットのボーダーレス性と、各国の法制の違い、さらにTPPの交渉とあいまって、混沌とした様相を呈している。
といったところでしょうか。





* * * * *
『「ネットの自由」VS.著作権』の重要な論点 - 風観羽 情報空間を羽のように舞い本質を観る
【書評】『ネットの自由 vs. 著作権』 ゲームという比喩
福井健策『「ネットの自由」vs.著作権』(光文社新書) 8点 山下ゆの新書ランキング Blogスタイル第2期

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。