--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年01月30日 (水) | 編集 |
現実を視よ
柳井 正

現実を視よ
勝ち続ける経営 日本マクドナルド原田泳幸の経営改革論 この国を出よ 一勝九敗 (新潮文庫) 柳井正 わがドラッカー流経営論 成功は一日で捨て去れ
by G-Tools

柳井正。

ユニクロの柳井さんが、経済・政治に物申しています。
相当の危機感を持っておられることが感じられます。

色々ありますが、
現状維持は停滞であり相対的には後退しているということと、
営利行為を肯定していること、
は僕自身常に思っていることでもあり共感できます。
だいたい著名な方は同じこと言っているので真理だと思われます。

『失敗の本質』にも触れていて、やはりこれも必読の書だったのだな、と。





*****
『現実を視よ』:紙魚:So-netブログ
現実を視よ 83点(100点満点中)Blogで本を紹介しちゃいます。
現実を視よ:フィリピンでビジネスをしよう!:So-netブログ

スポンサーサイト


2013年01月28日 (月) | 編集 |
失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
戸部 良一 寺本 義也 鎌田 伸一 杉之尾 孝生 村井 友秀 野中 郁次郎

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ 大本営参謀の情報戦記―情報なき国家の悲劇 (文春文庫) 失敗の本質 戦場のリーダーシップ篇 日本型リーダーはなぜ失敗するのか (文春新書) アメリカ海兵隊―非営利型組織の自己革新 (中公新書)
by G-Tools

第二次大戦中の日本軍の失敗から、組織的・構造的な日本人の失敗の原因を解き明かし、現代にいかそう、という本。
「軍事」というだけで忌避する人もいるかもしれませんが、高度に組織化された代表と言って良いと思いますので、臭いものには蓋といった形で敬遠するのではなく、学ぶべきものは学ぶというスタンスが大事だと思います。
発刊されたのは1991年ですが、今にも通じるものがあります。


一部技術に特化したせいで、他の部分が疎かになってしまった。
⇒今でいうと、ケータイのガラパゴス化とかでしょうか。

組織行動の不徹底。
指令系統がしっかりしていない。組織の形は整っているのに、情緒的判断でそれを無視してしまう。
⇒温情人事とか?
ここは結構難しいところで、お役所が画一的な判断をすると、融通が利かないとか言われるんでしょうけど、公平で機能的という側面もあるわけで。
効率性を求めた結果がああいう組織構造になるわけですね。

先人の意見が幅を利かし、先進的な物事を取り入れることがない。
⇒先輩が残ってたりすると後輩はやりづらいですよね。
合理的思考ができないとこうなるわけで。
やっぱり島国&農耕民族だから、なんでしょうか。
大陸&遊牧民族だと、隣は敵国、勝てない大将は要らないっていうシビアな環境ですからね。





*****
「超」入門 失敗の本質 その1 できる!変わる!輝く!-ウェブリブログ



2013年01月26日 (土) | 編集 |
オレたち花のバブル組 (文春文庫)
池井戸 潤

オレたち花のバブル組 (文春文庫)
オレたちバブル入行組 (文春文庫) 株価暴落 (文春文庫) シャイロックの子供たち (文春文庫) 鉄の骨 (講談社文庫) ロスジェネの逆襲
by G-Tools

融資先の危機に絡めた銀行内の権力争いに巻き込まれたバブル入行の面々が身を守るためにたたかう話。
いや~な奴はどこにでもいるものでリアリティがあって面白いです。





*****
池井戸潤著「オレたち花のバブル組」を読み半沢直樹は大和田常務に土下座をさせていないと知る 白象の気まぐれコラム-ウェブリブログ
池井戸潤「オレたち花のバブル組」あらすじと感想|小説あらすじなう
池井戸潤-「オレたち花のバブル組」-文藝春秋刊 - ミステリ読書録 - Yahoo!ブログ



2013年01月24日 (木) | 編集 |
ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由
岩田 松雄

ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由
スターバックスCEОだった私が社員に贈り続けた31の言葉 「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方 リーダーに贈る言葉 スターバックスを世界一にするために守り続けてきた大切な原則 壁を越えられないときに教えてくれる一流の人のすごい考え方
by G-Tools

友達が紹介していて読みました。
働き方を考えさせられます。
おすすめ。

著者が紹介していた本。
備忘のため。

ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則
ジム・コリンズ ジェリー・I. ポラス 山岡 洋一

ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則
ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則 ビジョナリーカンパニー3 衰退の5段階 ビジョナリー・カンパニー 4 自分の意志で偉大になる ビジョナリーカンパニー【特別編】 渋谷ではたらく社長の告白 (幻冬舎文庫)
by G-Tools

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則
ジム・コリンズ 山岡 洋一

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則
ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則 ビジョナリーカンパニー3 衰退の5段階 ビジョナリー・カンパニー 4 自分の意志で偉大になる ビジョナリーカンパニー【特別編】 幸之助論―「経営の神様」松下幸之助の物語
by G-Tools

坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)
司馬 遼太郎

坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)
坂の上の雲〈2〉 (文春文庫) 坂の上の雲〈3〉 (文春文庫) 坂の上の雲〈4〉 (文春文庫) 坂の上の雲〈5〉 (文春文庫) 坂の上の雲〈6〉 (文春文庫)
by G-Tools

竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)
司馬 遼太郎

竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)
竜馬がゆく〈2〉 (文春文庫) 竜馬がゆく〈3〉 (文春文庫) 竜馬がゆく〈4〉 (文春文庫) 竜馬がゆく〈5〉 (文春文庫) 竜馬がゆく〈6〉 (文春文庫)
by G-Tools

出世を急がぬ男たち (新潮文庫)
小島 直記

出世を急がぬ男たち (新潮文庫)
ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由 伝記に学ぶ人間学 (致知選書) 「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方 企業参謀 (講談社文庫) リーダーに贈る言葉
by G-Tools

企業参謀 (講談社文庫)
大前 研一

企業参謀 (講談社文庫)
続企業参謀 (講談社文庫) 企業参謀ノート[入門編] 考える技術 遊ぶ奴ほどよくデキる (小学館文庫) マッキンゼー現代の経営戦略
by G-Tools

競争優位の戦略―いかに高業績を持続させるか
M.E.ポーター 土岐 坤

競争優位の戦略―いかに高業績を持続させるか
競争の戦略 企業戦略論【上】基本編 競争優位の構築と持続 経営学を「使える武器」にする コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント 第12版 Competitive Advantage
by G-Tools

[現代語抄訳]言志四録
佐藤 一斎 岬 龍一郎

[現代語抄訳]言志四録
佐藤一斎『重職心得箇条』を読む 菜根譚 (講談社学術文庫) 経世瑣言 (Chi Chi‐Select) J-47 二宮翁夜話 (中公クラシックス) [新訳]南洲翁遺訓
by G-Tools

[決定版]菜根譚
守屋 洋

[決定版]菜根譚
呻吟語 (現代人の古典シリーズ 31) 新編 論語の人間学―人間と知恵とを語り尽す 「貞観政要」のリーダー学 守成は創業より難し [新訳]呻吟語 論語の活学―人間学講話
by G-Tools

小説十八史略(一) (講談社文庫―中国歴史シリーズ)
陳 舜臣

小説十八史略(一) (講談社文庫―中国歴史シリーズ)
小説十八史略(二) (講談社文庫―中国歴史シリーズ) 小説十八史略(三) (講談社文庫―中国歴史シリーズ) 小説十八史略(四) (講談社文庫―中国歴史シリーズ) 小説十八史略(五) (講談社文庫―中国歴史シリーズ) 小説十八史略(六) (講談社文庫―中国歴史シリーズ)
by G-Tools

具体的な署名ではなく、著者のみ紹介されているものも。
P・F・ドラッカー
小室直樹
渡部昇一
安岡正篤
伊藤肇
フィリップ・コトラー





*****
2013年8月の読書メーター ゴキゲンの法則



2013年01月22日 (火) | 編集 |
直感力 (PHP新書)
羽生 善治

直感力 (PHP新書)
決断力 (角川oneテーマ21) 大局観  自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21) 40歳からの適応力 (扶桑社新書) 将棋世界Special Vol.2 「羽生善治」 ~将棋史を塗りかえた男~ (マイナビムック) 結果を出し続けるために (ツキ、プレッシャー、ミスを味方にする法則)
by G-Tools

羽生善治。

「決断力」が良かったので、またも羽生さんの著書を読んでみました。
「大局観」の時と同じく「決断力」ほどの感銘を受けることはなく。。。
何ででしょうね。
と、全く中身に触れない記事で申し訳ないです。





*****
本6冊 宮崎花blog in Tokyo



2013年01月20日 (日) | 編集 |
重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る (幻冬舎新書)
大栗 博司

重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る (幻冬舎新書)
宇宙は何でできているのか (幻冬舎新書) ヒッグス粒子の謎(祥伝社新書290) 宇宙に外側はあるか (光文社新書) どうして時間は「流れる」のか (PHP新書) 宇宙は本当にひとつなのか―最新宇宙論入門 (ブルーバックス)
by G-Tools

重力、ブラックホール、宇宙について。
理系分野は未知の世界なので面白いですね。

科学者の熱い魂みたいなのも感じられて良かったです。

魂の熱い人は良いですね。





*****
強い力と弱い力 ヒッグス粒子が宇宙にかけた魔法を解く - AUDIO噺 - Yahoo!ブログ
kindle快調、5月の読書緑。(☆) 散財さんの完全散財!



2013年01月18日 (金) | 編集 |
文庫版 死ねばいいのに (講談社文庫)
京極 夏彦

文庫版 死ねばいいのに (講談社文庫)
厭な小説 文庫版 (祥伝社文庫) 幽談 (MF文庫ダ・ヴィンチ) 厭な小説 桜ほうさら 数えずの井戸
by G-Tools

京極夏彦。

とんでもないタイトルで、このタイトルからは中身は全く想像つかず。。。
ネタバレを先に言えば、この言葉は、ケンヤが、作中で会う人物に放つもの。
アサミという女性が死に、この女性のことを知りたくて、関わりのあった人々にケンヤが話を聞きに行く。
彼らは自分のことしか話さず、文句しか言わず、勝手なことしか言わず、ケンヤが「死ねばいいのに」と突き放す。

ケンヤの話し相手が自分だと思うと、何だか反省しなければいけない気持ちになってきます。

会話だけで、一冊書ききる京極さん、すごい。。。





*****
ケレルの日記死ねばいいのに。 - livedoor Blog(ブログ)
ひねもす新聞 2013年上半期に読んだ本について振り返ってみる。
まだあるかも…:河童は緑:So-netブログ
死ねばいいのに - Pan-Pの戯言
2013年8月初めの日記(書評:死ねばいいのに) 月の騎士の戯言-ウェブリブログ



2013年01月16日 (水) | 編集 |
最終退行 (小学館文庫)
池井戸 潤

最終退行 (小学館文庫)
銀行仕置人 (双葉文庫) 金融探偵 (徳間文庫) 銀行狐 (講談社文庫) 仇敵 (講談社文庫) 株価暴落 (文春文庫)
by G-Tools

池井戸潤。

金融小説というのかな。

主人公は、東京第一銀行の副支店長・蓮沼鶏二。
あらすじは、保身しか頭にない支店長や、リストラ対象となった部下の板挟みになるなか、会長の陰謀に気づき、リストラされた部下らとともに陰謀を阻止するという話。

支店長がちょー嫌なやつで、自分の上司だったらサイアクだなというところに共感しつつ。

他の作品も読んで、小説を通して銀行業界への理解を深めようと思います。





* * * * *
機械仕掛けのホームページ 「最終退行」
higeruの読書ログ【池井戸潤】最終退行 - livedoor Blog(ブログ)
最終退行 - 自由人のつぶやき
21st徒然草 池井戸潤『最終退行』
池井戸潤「最終退行」:オッサンのたわ言~湘南B級グルメ~:So-netブログ



2013年01月12日 (土) | 編集 |
西巷説百物語 (C・NOVELS BIBLIOTHEQUE)
京極 夏彦

西巷説百物語 (C・NOVELS BIBLIOTHEQUE)
前巷説百物語 (角川文庫) 数えずの井戸 幽談 (MF文庫ダ・ヴィンチ) 後巷説百物語 (角川文庫) 厭な小説 文庫版 (祥伝社文庫)
by G-Tools

京極夏彦。

巷説百物語シリーズで、舞台は関西。
だから、「西巷説・・・」なわけです。
主人公も又市ではなく、林蔵です。

構成としては又市の時と同じく、仕掛けを作って過去の事件を解き明かしていくというもの。
救いがあるものないものありますが、よくもまぁこんないろいろ話を考えられるものです。
中禅寺シリーズの方も続きが読みたいですね。





* * * * *
EEL BLOGSTYLE 西巷説百物語/京極夏彦
西巷説百物語 ★★★★☆ - 【世界中の】ub7637と隣り合わせのHIGHな青春【迷宮】
京極夏彦『西巷説百物語』を読む 六条亭の東屋
『西巷説百物語』著:京極夏彦 - ジャスタウェイの日記 - Yahoo!ブログ



2013年01月10日 (木) | 編集 |
株価暴落 (文春文庫)
池井戸 潤

株価暴落 (文春文庫)
仇敵 (講談社文庫) 最終退行 (小学館文庫) かばん屋の相続 (文春文庫) 銀行仕置人 (双葉文庫) シャイロックの子供たち (文春文庫)
by G-Tools

池井戸潤。

大手スーパーで爆破事件発生。
融資している銀行では、スーパーの経営を危ぶんでいたことから、融資継続で揉める。
大手スーパーの進出で追い込まれ死亡した父を持つ若者が爆破事件の犯人と思われるが逃亡。
ますます怪しまれる。
行内では、融資を断ち膿を出すべきと主張する人物と、融資を継続し延命措置をすべきと主張する人物が対立。
前者は後者を問題の先送りだと言う。
前者が主人公。

犯人と思われた若者は、彼を逆恨みする知人と、仕事に疲れた警官に嵌められていた。
・・・家に爆弾の材料が置かれていた。

融資については、頭取の判断で、断つこととなった。
延命を主張した人物は、スーパーと個人的つながりがあって潰すわけにはいかなかった様子。





* * * * *
21st徒然草 池井戸潤『株価暴落』
映画を10倍好きになる! 株価暴落(池井戸 潤)
池井戸潤の「株価暴落」を読んでいたので感想を blog“オトナ”の手帳
池井戸 潤著「 株価暴落」 - 読書備忘録



2013年01月09日 (水) | 編集 |
と、いうことで、勝手に広報活動をします(笑)
DoAsはたくさん好きな曲ありますが、その良さを紹介しようと思ってぱっと浮かんだのがこちら。

ナイター



伴ちゃんの声の良さが際立ってます。
國村隼さんがはまり過ぎです。
この曲にこのMVで、國村さんの存在がさらに曲を引き立てています。

もっとテンポの速い曲もたくさんありますが、そういうのはライブで生で楽しむのが一番なのであえて紹介しません。

Do As Infinity X (AL+DVD)
Do As Infinity

Do As Infinity X (AL+DVD)
TIME MACHINE(DVD付) TIME MACHINE EIGHT (DVD付) ∞(メビウス) (ALBUM+DVD) REAL(初回生産限定盤)(DVD付)
by G-Tools



2013年01月08日 (火) | 編集 |
外科医 須磨久善 (講談社文庫)
海堂 尊

外科医 須磨久善 (講談社文庫)
死因不明社会―Aiが拓く新しい医療 (ブルーバックス) ひかりの剣 (文春文庫) ブレイズメス1990 (講談社文庫) 極北クレイマー 上 (朝日文庫) 極北クレイマー 下 (朝日文庫)
by G-Tools

バチスタ手術を日本で初めて行った須磨医師の半生を描くノンフィクション。
著者は、海堂尊。
良く患者として病院には行きますが、医療業界は全くかかわりがないので分かりません。
けれども、須磨医師が何を為したか良く分かるように書かれています。
人間としての熱さのようなものも感じられます。

ちょっと前に読んだので抽象的な感想だけですみませんが、、、オススメです。





* * * * *
外科医 須磨久善 - ぶろぐ猫の目
「外科医 須磨久善」 水田マリの読書ときどき映画メモ
「外科医 須磨久善」読了 - ぽち語録
ドラマ版「外科医 須磨久善」 - Plaza de Montes~報告書~



2013年01月01日 (火) | 編集 |
恒例の初日の出です。

130101.jpg

並べて見るとその時々の雲の様子とかの違いが面白いかも。

特に抱負を述べるということもないのですが、今年もよろしくお願いいたします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。