--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年09月29日 (月) | 編集 |
エコを志向する人は一回読むべきだと思います。


偽善エコロジー―「環境生活」が地球を破壊する (幻冬舎新書 (た-5-1))
武田 邦彦

偽善エコロジー―「環境生活」が地球を破壊する (幻冬舎新書 (た-5-1))
日本人はどこまで減るか―人口減少社会のパラダイム・シフト (幻冬舎新書 ふ 2-1) ほんとうの環境問題 食糧がなくなる!本当に危ない環境問題 地球温暖化よりもっと深刻な現実 「地球温暖化」論に騙されるな! 温暖化を食いものにする人々 地球温暖化という“都合のよい真実” (別冊宝島 1507 スタディー) (別冊宝島 1507 スタディー)
by G-Tools

世の中エコエコと言っているけど、ホントに意味あるのかいなと思っていた。
良いことをしようとする心を否定するわけではなく。
「効果があるならば良いよ、効果がないならば何のためにやっているの?」と。
でも、こういうこと言うと、「やろうとすることに意味がある」って反論きそう。
そうじゃないと思うんだが。
良いことをやろうというなら良い結果を出してください、と。
でも大義名分(真にそうでなくとも)を持った人に異論を唱えると抹殺されるのが世の常。
純粋な人ほど大義名分、錦の御旗で押し寄せてくるような怖さを感じる。
僕はそう思ってるんです、感じてるんです。
でもおおっぴらには言えずにおりました。
で、本書読んで、書評見たら同じことを思っている人がたくさん!
自分だけじゃなかったと思って安心。

本書は、世の中で行われている“地球のために、環境のために良いこと”の真偽を問う。
蒙を啓かれた感があります。
筆者の中立な立場でいよう、理詰めで議論をしようというスタンスは良いです。



* * * * *
『偽善エコロジー』 - ふつうの生活 ふつうのパラダイス
札幌で不動産投資!偽善エコロジー
ニュージーランド起業家日誌都市鉱山と偽善エコロジー

スポンサーサイト


2008年09月27日 (土) | 編集 |
ネタバレあり。

映画の『20世紀少年』を見てきました。

原作は同名コミック。
作者は浦沢直樹。
浦沢好きの僕は全巻持ってます。

20世紀少年―本格科学冒険漫画 (1) (ビッグコミックス)
浦沢 直樹

20世紀少年―本格科学冒険漫画 (1) (ビッグコミックス)
20世紀少年―本格科学冒険漫画 (2) (ビッグコミックス) 20世紀少年―本格科学冒険漫画 (3) (ビッグコミックス) 20世紀少年―本格科学冒険漫画 (4) (ビッグコミックス) 20世紀少年―本格科学冒険漫画 (5) (ビッグコミックス) 20世紀少年―本格科学冒険漫画 (6) (ビッグコミックス)
by G-Tools

原作を知っているから、「どういう風に映像化したか?」というのが主な観点でした。
面白かったです。
原作だといろいろ詰め込まれてるのを、うまく割愛しながらよくまとめたなという感じです。

キャストも良いですね。
ケンジの唐沢寿明、オッチョの豊川悦司などなど。
子役だと、ヤン坊マー坊がサイコーです。
「史上最悪の双子」っぷりがよく出てる
みんな同年代のはずですが、ユキジの常盤貴子はちょっと若い&原作よりキレイ。。。
万丈目の石橋蓮司もはまってますね。
出番少なかったですが、ドンキーの生瀬勝久も良かったなぁ。
と、一人ひとり語ると長くなりますが、それだけ良かったってことで。
キャストの良さ、彼らがうまく演じていたことも面白さに貢献してるんでしょう。

2部からはカンナ登場ですが、この配役は難しかったんじゃないかな。
誰をアサインしてもプレッシャーが大きい役になりそうなとこ。

あと、2部、3部は登場人物が増えますが、どうやって収拾つけるのかな。
がんばって面白いものを作ってくれ~!



2008年09月23日 (火) | 編集 |


久しぶりにアップしました。

ヘッドホンをデジカメ付近に置いたのですがうまく音を拾えてません。
見る前、見終わった後のボリュームの調整にご注意を。

CDと楽譜はこちらです。
興味あったら元を聞いてみてください。

リチャード・クレイダーマン ベスト
リチャード・クレイダーマン ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団

<COLEZO!>リチャード・クレイダーマン ベスト
珠玉のスタンダード ベスト100・リチャード・クレイダーマン 恋はみずいろ~ベスト25 ピアノピース 渚のアデリーヌ/星のセレナーデ/Love Theme~Blue Lagoon~ (Piano solo) <COLEZO!TWIN>リチャード・クレイダーマン・オリジナル・ヒット
by G-Tools

リチャード・クレイダーマン名曲集 渚のアデリーヌ

リチャード・クレイダーマン名曲集 渚のアデリーヌ
ピアノピース 渚のアデリーヌ/星のセレナーデ/Love Theme~Blue Lagoon~ (Piano solo)
by G-Tools



2008年09月16日 (火) | 編集 |
赤坂BLITZで『sweet disarm vol.1』というイベントがあり、伴ちゃんが出るので行ってきました。

080916_01.jpg

開演は夕方なので、その前に赤坂サカスをぶらぶら。
ハロウィンが近いということでこんなの見つけましたよ。

080916_02.jpg

そんなこんなしてるうちにそろそろ並ぶ時間。
整理番号順に並ぶのですが、なんと!
番号が一ケタ台!
見事、最前列ど真ん中を確保しました!
ステージが近い近い。
近いって言うかもう触れちゃうよみたいな。

出演アーティストは以下の5組と紹介されていて。
『坂詰美紗子/伴 都美子/mink/moumoon/orange pekoe』
トップバッターが坂詰美紗子さんだったので、この順番で出るのかしらと思いきや、次に出てきたのがmoumoon。
おや?
伴ちゃん、トリですか?という雰囲気に。
だって、伴ちゃん以外の方、申し訳ないんだけど全然知らないし。

で、予想通り伴ちゃん大トリ。
出演順は以下のとおりでしたよ。
坂詰美紗子→moumoon→orange pekoe→mink→伴都美子

同行した友人(DoAs仲間)と、伴ちゃんトリだし、ソロの歌を歌ったあとにDoAsの曲やったりしたりしてねなんて期待をしたりして。
でさ、伴ちゃんのギターは他のイベントでも見たことある人で。
ベースの女性がDoAsの新しいベースの人で。
あれ?やっぱ、もしや?(ドキドキ)

待て待て。
伴ちゃんの出番が最後だったから、すっごいトイレ行きたかったんだけど、ひたすら我慢(笑)
最前列だから行ったが最後きっと戻れない。
その道は片道切符だ。

アーティストごとにバンドのセッティングを変えるもんだからじれったい。
ここはてきぱきやってほしかった。
minkが終わって、伴ちゃん用のセッティングが終わるのが待ち遠しい。
早く早く。

で、いよいよ登場!
客のほとんどが伴ちゃん目当てだったらしく、一番の盛り上がり。
尋常じゃない。
伴ちゃんを呼ぶ声が雨あられ。
女性ファンがちゃんといっぱいいるのが嬉しい。
女性誌にもよく出てるからか?

最前列にいるからここぞとばかりに、パンフレットの中に入っていたコレ↓を伴ちゃん目がけて振る。

080916_03.jpg

気付いた伴ちゃん指差してくれた!
ひゃっほう!

そんな感じでテンションあがりまくり。
『home』、『夢路』、『愛すべき人よ』、『東京日和』を順々に歌う。
今日も言うよ?
声が良い!
『東京日和』では練習中のギターを披露。
途中で分からなくなったらしく困った笑い顔を見せる。
カワイイ

相変わらずトークは苦手らしくそこそこに進む。

で。
『東京日和』が終わったら。
ほらね。
来たよ。
「今日はスペシャルゲストが来ています!大渡亮!」

おおおおおおおおおおおお!
会場はねぇ、もう割れんばかりとはこれですよ。
二人並ぶとさぁ、もうさぁ、感無量だよ。
感無量。
DoAs好きなら分かるよね?
「感無量」って誰がどこで言ったか。
RYOさんが武道館で言ったじゃないか。
で、RYOさんと並んで伴ちゃんが言うんだよ。
「どうも~、DoAsInfinityです」って。
今これ書きながらも思い出し泣きだよ。
そんで『深い森』を歌ってさ。
「じゃぁまたね」って帰っちゃうんだよ。
「9月30日に代々木でフリーライブやるから来てね」って。
「ただだよー」って。
「会社休んで行くよー!」って答えといた。
あああ、もっと聴きたい聴きたい!

そうそう、伴ちゃん帰り際、最前列だから握手してくれるかと思いきや、数人隣の人が握手されてた!
惜しい~~~~~
投げキッスだけ受け取っておいたさ(笑)



2008年09月06日 (土) | 編集 |
再結成に伴い、DoAsからのコメント!

再始動を宣言したa-nationでの熱唱!
(※9/10までの掲載?)

メルマガの登録!

観客の中に、『summer days』の拍手のタイミング、指差しを分かってる人がいてうれしいなぁ。
仲間がそこに! みたいな。
ライブいきて~~~!



2008年09月01日 (月) | 編集 |
少し前のことになりますが、池袋サンシャインシティ内でミニライブがありました。

080901_01.jpg

時間前に会場に近づくと声が。
おやと思って行ったらリハでした。
リハと本番あわせて2回聞けてラッキー!

事前に整理券配ってたようで、そんなこととは露知らず、座席の後ろから見てました。
って言っても、座席のすぐ後ろだったので、相当近いです。
5メートルくらいだったかなぁ。

歌ったのは、『チェリー』、『東京日和』、『HOME』、『夢路』の4曲。
夢路、CDで聞くより生歌の方が感動。
やっぱ声が良い。
なんであんなに響いてくるんだろう。

で、会場でCD買うとポスターもらえるとのこと。
しかもそのうち何枚かはサイン入り!
ま、ダメ元でってことで買ってみたら…。

最初落書きかと思ってたんですが(←そんなわけないのにねぇ)、サインでした!

080901_02.jpg

分かります?
向かって右中段(伴ちゃんの左肩、「東京日和」の文字の上あたり)に「伴」って書いてあります!
「van」とか「tomiko」とかじゃなくて、「伴」。
伴ちゃんらしい

ところで最後に一つ。
伴ちゃんはすごい達筆で東京プリンのDVDの題字書いたりしてます↓

東京プリン「画集」
東京プリン

東京プリン「画集」

by G-Tools



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。