2008年06月22日 (日) | 編集 |
いや、もうただ聴いてくれ。
ちょっと出遅れたかもだが。



スポンサーサイト


2008年06月17日 (火) | 編集 |
忙しくて疲れたときはッ!
伴ちゃんの歌を聴くに限るッ!
新曲「東京日和」だッ!



相当良いと思うんだけど、どう?

あと、このPV撮影されたの月島らしい。
そう言われて見てみたら確かに。
何気に近いんだよなぁ。。。
言ってくれればもんじゃおごったのに!


東京日和(1万枚限定生産)(DVD付)
伴都美子 田島貴男

東京日和(1万枚限定生産)(DVD付)
VOICE2~cover lovers rock~(DVD付) 東京日和 ありがとう(DVD付) UPSIDE DOWN(初回生産限定盤)(DVD付) 新世紀エヴァンゲリオン 2007 レイ・アスカ 夏 (1/8スケールコールドキャスト塗装済み完成品)
by G-Tools

財津和夫作曲、伴ちゃん作詞「東京日和」、
伴ちゃんが初めて作曲を手がけた楽曲「message.」、
そしてORIGINAL LOVE 「Hum a Tune」のカヴァー楽曲を収録



2008年06月15日 (日) | 編集 |
99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方
竹内 薫

99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方
「あたりまえ」を疑う社会学 質的調査のセンス (光文社新書) 世界が変わる現代物理学 (ちくま新書) わかったつもり 読解力がつかない本当の原因 (光文社新書) 仮説力 人は見た目が9割 (新潮新書)
by G-Tools

こんなタイトルつけて何ねらってんだと天邪鬼から読まずにいたんだけど、ブックオフで見つけて結局買った。
面白かったなー。
ひとことで言うと「常識にとらわれるな」みたいな話になっちゃうんだけど、飛行機が飛ぶ理由がどうとか、冥王星が惑星で良いのかどうかとか実例が面白かった。
頭が柔らかくなった気がするよ。



* * * * *
Moo-t.blog - ■9)99・9%は仮説
『99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方』の読書感想 - だにえるblog
99.9%は仮説|乱読日記
竹内薫「99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方」 - システムエンジニアの晴耕雨読
アマチュア☆アワー竹内薫-99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方
精神世界の本を読む『99・9%は仮説』:心を柔軟にするために



2008年06月14日 (土) | 編集 |
調べる技術・書く技術 (講談社現代新書 1940) (講談社現代新書 1940)
野村 進

調べる技術・書く技術 (講談社現代新書 1940) (講談社現代新書 1940)
読み手志向の「書く技術」で成果をつかみ取る (ハーバード・ポケットブック・シリーズ 9) たった3秒のパソコン術―読むだけで別人! さらに「仕事が速い自分」「頭の回転が速い自分」 (知的生きかた文庫 な 30-3) トップ1%のプロフェッショナルが実践する「見た目」の流儀―11万人の顔を創った美粧師が明かす 脳と気持ちの整理術―意欲・実行・解決力を高める (生活人新書 250) コンサルタントの「質問力」 (PHPビジネス新書 52)
by G-Tools

こないだ間違って買った本て言ったのはこれだ(笑)

これが結構面白かったし、ためになった。
ノンフィクション作家、ライター向けのような内容だけれども、調べ物・書き物をするときのスタンス・心構えとして参考になる。
インタビューの方法に関する記述は、社内外を問わず打ち合わせを行うときの方法にも使えるんじゃないかな。



* * * * *
野村進著「調べる技術・書く技術」 - 言葉 何でも
活かす読書 調べる技術・書く技術



2008年06月03日 (火) | 編集 |
震度0 (朝日文庫 よ 15-1) (朝日文庫 よ 15-1)
横山 秀夫

震度0 (朝日文庫 よ 15-1) (朝日文庫 よ 15-1)
看守眼 (JOY NOVELS) 臨場 (光文社文庫 よ 14-1) 償い (幻冬舎文庫) 隠蔽捜査 (新潮文庫 こ 42-3) 深夜バス78回転の問題―本格短編ベスト・セレクション (講談社文庫 ほ 31-6)
by G-Tools

横山秀夫。
映画『半落ち』は泣いたので、たまに読んでみようと思ってた。

とある県警の幹部が失踪。
県警上層部は、その状況を保身や出世競争に利用する。
横山秀夫が描く人間の生々しさに圧倒される。

面白いよ。



* * * * *
震度0 - ynakaのブログ
震度0を読み終えて, - 現代徒然日記、上川隆也さん
三匹の迷える羊たち 読書感想「震度0」



2008年06月02日 (月) | 編集 |
江戸三○○藩 最後の藩主 (光文社新書)
八幡和郎

江戸三○○藩 最後の藩主 (光文社新書)
江戸三○○藩 バカ殿と名君 うちのさまは偉かった? (光文社新書) ビジュアル版 最後の藩主 四七都道府県別の幕末維新 天璋院篤姫―徳川家を護った将軍御台所 江戸の殿さま全600家―創業も生き残りもたいへんだ (講談社プラスアルファ文庫) 江戸300藩の意外な「その後」―「藩」から「県」へ 教科書が教えない歴史 (PHP文庫)
by G-Tools

戊辰戦争~大政奉還~廃藩置県により江戸幕府における諸藩はなくなった。
その過程での、全ての藩の動きを追っている。
よくここまで書いたものだ。
薩長土肥や越前、水戸、会津といった有名な藩以外に支藩レベルまで網羅してあるのは圧巻。
しかし、それら支藩レベルだと、物語性はなく、辞書的な書き方になっていて味気なさを感じたなぁ。