--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年08月31日 (木) | 編集 |
濃くないので、ある程度生えそろうと、それ以上進歩がありません。
どれくらいになるのだろうと思って、剃らずにいますが、マリオみたいにはなりません。
そろそろそろう。

スポンサーサイト


2006年08月29日 (火) | 編集 |
コンスタンティノープルの陥落
コンスタンティノープルの陥落


395年、ローマ帝国が東西に分裂した東側をビザンツ帝国という。
その首都が、かつてビザンティオンという名のコンスタンティノープルに置かれたことに由来する。

西側はゲルマン民族の大移動により滅亡したが、ビザンツ帝国は1453年5月29日まで約千年に亘り存続した。
この間、コンスタンティノープルは、第4回十字軍にだまされたときを除き落とされたことはなかった。

この千年帝国の都を落としたのは、オスマントルコの若きスルタン、21歳のメフメト2世。
三方を海に囲まれ、残る陸地には三重の城壁を築く難攻不落の都市であったが、メフメト2世は、船を陸から輸送し金角湾への侵入に成功する。
士気の落ちたコンスタンティノープルに総攻撃を仕掛け、ついに陥落させる(以後、トルコ語のイスタンブルと称される)。

ロマンだ。



* * * * * * * * * *
旅人の読書ノート
日々是読書日記 & マイホーム取得記
新聞、小説、マンガの感想その他もろもろ雑記
くじらの日記
備本録



2006年08月28日 (月) | 編集 |
新訂 孫子
新訂 孫子


戦争論〈上〉
戦争論〈上〉


こういうの書いて「好戦的」と思われては困るが、誤解を恐れずに書く。

どちらも兵書。
「孫子」は、紀元前の中国の人、孫武の手による。
孫武の子孫に孫臏という人がいて、彼の兵書は「孫臏兵法」と言われる。
「戦争論」はプロイセンの軍人、クラウゼヴィッツの手による。
ナポレオンと同時代の人である。

世の中に知れ渡っているのは「孫子」の方かも知れない。
ビジネス本などで紹介されているからだろう。
「戦争論」の方がどちらかと言うと具体的な記述が多く、「孫子」の抽象的な論が応用しやすいことが理由と思われる。
実際、「戦争論」を読んでいるときは、かなり想像力を働かせないといけなかった。
「孫子」の方は、「兵は拙速を尊ぶ」、「彼を知り己を知れば百戦危うからず」とか、武田信玄の「風林火山」とか、身近な(?)言葉が多いことも理由かもしれない。

どちらも戦争を勧めるものではなく、戦争は政治の延長にあるというスタンスである。
「戦争論」の方の記述は忘れたが、「孫子」は明確に「兵は国の大事である」と言い、「戦わずして勝つが上、戦って勝つが中、戦って負けるが下」と謳っている。

読むなら「孫子」がお勧め。



2006年08月26日 (土) | 編集 |
手持ちの小説、新書を消化し、新しい本買う金もないので、寝かせていた本を数冊読んだ。
寝かせているのは、大体仕事関係かそれの延長上にあるものなので、カタイ!
ぁぁ、そろそろゆるい本が読みたい、ぬるい本が読みたいなんて思って本屋へ。
ぶらぶらと見て回るが、なかなか。

そして、ついに発見。

裁判長!ここは懲役4年でどうですか
裁判長!ここは懲役4年でどうですか


どう?このタイトル。
「どうすか」って。
「どうですか」じゃないのよ。
「どうスか」。
そして、表紙の絵がこれまたぬるそうな感じ!
中を開くと下手くそな絵が(すみません)。
来た来た来た。
これだ。
買いだ。
微妙に仕事に関係なくもなさそうだがなんて思いながらも買う。
いいんだよ、ぬるければ。
そう。
イインダヨ。
グリーンダヨ!

…夏休みに突入したせいか、ややテンション高め。

さて、内容はと言うと。
筆者がさまざまな裁判を傍聴して見聞きしたことを面白おかしく綴るというもの。
筆者の、原告、被告、証人、弁護士、検察、裁判官たちへの突っ込み、傍聴マニアとの交流など、なかなか面白い。

いやいや、良かったよ。


なお。
面白おかしく読んだものの、実際の事件での加害者、被害者のことを思うと、かなり考えさせられるものがあった。
一歩間違うと、「こんな本読んで喜んでるなんて、不謹慎だ」と叱られそうな気もする。



2006年08月24日 (木) | 編集 |
バトンを必ず受け取る男、月です、コンバンワ。
いや、オハヨウゴザイマス?

漢字バトンなるものが回ってきました。
僕にバトンを回した友人も漢字大好きとのことですが、僕も漢字は好きです。
表意文字は良いですね。
表情があって。
情緒があって。
いかにしてその文字がその意味を持つようになったか、その成り立ちに色んな物語があるのですよ。

白川静という方が、『字通』『字訓』『字統』という本(というか、辞書か?)を書いてます。
図書館でしか見ませんが、たまに見るとすごく面白いですよ。

新訂 字統
新訂 字統



さて、そろそろ本題。
バトンの回答をしましょう。

■「次の人に回す言葉三つ」の漢字に対して、私が持つイメージは?
回ってきたのは「旅」「空」「直」です。
「旅」
人生は旅だね。
…ってイメージじゃないか。

「空」
青い。
でもさ、イメージ考えている間に、「空しい」とか「空虚」とか「空ろ」とかいう読みもあるななんて考えたら、全然違うものになってしまった。
「クウ」と読んだら仏教色な感じだし。
「色即是空」みたいな。
色々あっておもれぇな。

「直」
まっすぐに生きる。

なんかどれもこれもイメージを答えてない気がするけど、許して。

■次の人に回す言葉三つ
考えると難しいなぁ。
何が良いだろうか。

えっと、じゃ、次の3つで。
誰か受け取ってくれるだろうか。
「優」「智」「艶」
最後のはちょっと遊びかな。

■大切にしたい漢字を三つ
これまた難しいな。次の三つで。
「信」「人」「恕」
最後のは「怒」じゃないよ、似てるけど。
「大切にしたい漢字」というよりは、「大切にしたいと思っているものを表す漢字」といったところか。

■最後に貴方の好きな四字熟語を三つ答えてください
「不惜身命」
仏教語だったかな。
好きというか、こうでありたいもの。

「才色兼備」
良いね(ナニガ?)

「花鳥風月」
風流は大事だよ。

■バトンを回す七人とその人をイメージする漢字を
もういっつも誰ももらっていかないからなぁ。
ちなみに、僕にバトンを渡した友達の僕に対するイメージは「法」。
職種から来てますな(笑)
ちゅうわけで、少し考えたけど、7人選ぶの難しいから書くのやめておこう。
僕からもらった人がいて、聞かれたら答えます。



2006年08月23日 (水) | 編集 |
お土産でご当地モノって色々ありますが、ご当地キティもその一つ。
女友達数名から、よろしく頼まれまして。
こんな便利なサイトも教えてもらったりして。
ご当地キティのあすなろ舎 子猫屋 WebSite

見てみると色々あって面白いですが、特に良いなと思ったのはこちら。
【冬の和み】

さて、土産にかわいいのを探さねばッ( ̄Λ ̄)ゞ



2006年08月21日 (月) | 編集 |
初優勝か、3連覇か。
両者譲らず、決勝戦引き分け再試合となった甲子園。

日曜に試合を後半から見て、延長15回終わるまでハラハラしっぱなしだった。
しかし、月曜は普通に出社。
再試合は13時から。
見れないッ!

やむを得ず仕事の合間にニュースサイトでチェック。
8回裏まで4-1で早実がリード。
9回表にまたドラマが。
駒苫が2点返し4-3。
しかもノーアウト。
しかし更なる追加点はなく、早実が悲願の初優勝を飾る。

これはリアルタイムで見てた人はドキドキしたろうな、うらやましい。



2006年08月20日 (日) | 編集 |
お台場にあるキャッツリビンというところへ行った。
猫好きには天国だ。
猫が好き勝手に歩き回っている。
歩き回りすぎてなかなかだっこできない。
寝てる子起こすのはちょっとかわいそうだし。
それで、おとなしくしてる子を撫でて癒される。

店内のお姉さんたち、教育番組に出てくるような感じでおもしろい。
子供が多いからか。

写真を少し載せておく。

060820_01.jpg
まぶしかったみたい…ゴメンよ。

060820_02.jpg
物思いに耽っている。

060820_03.jpg
イベントがあって、夏だからということでハッピを着ていた。

060820_04.jpg
子猫が4匹いる部屋があって、この子は、けんかしている2匹を見ていた。
ずり落ちそうだよ、気をつけて。
けんかの様子は動画を撮ったけど、アップできないのが残念。



2006年08月18日 (金) | 編集 |
子猫2匹に出会いました。
まだ数ヶ月でしょう、すっごい小さい。
だっこしたら体が折れそうなくらい細い。
おかなびっくりおろします。
人には慣れているようで(まだ何も考えていないだけ?)、寄ってきていっぱいにおいをかいでいます。
足元に来てくんくんやっているので、撫で放題\(^O^)/ ワ~イ
その場を去るのが名残惜しかったです。
自転車のかごに乗せて連れて帰りたかったですが、見てあげられないので、かわいそうだから置いていきました。
また会いたし。

060818.jpg



2006年08月15日 (火) | 編集 |
雨の日。
出社時間帯に雨でも、帰宅時にはやんでいることがあります。
駅から家まで歩いて帰る道すがら、何匹か猫に出会います。
最近、通り道に猫が多いです。
猫好きの僕は、しゃがんでチッチッチっと声をかけます。
立ち止まって様子を伺った後立ち去る猫、しゃがむ様子を見ただけで一目散に逃げていく猫さまざまです。

ある日いつもどおり猫に声をかけると、寄ってきます。
ひざに擦り寄ってくるので背中を撫でてやり、顔の方に手を近づけるとにおいをかがれます。
ここまでは良くある仕草。
そうだからこそこちらも平気で手を出します。
するとその猫は何を思ったか噛み付いてきます。
暗いからえさをチラつかされていると勘違いしたのか、はたまた猫好きの無用心さを利用して捕食しようとしたのか(んなわけない)。
でも噛まれたって懲りません。
そしてまた同じことの繰り返し。



2006年08月14日 (月) | 編集 |
僕の電車は影響なかったけれど、社の方々は、電車が止まってかなり遅刻していた。
クレーン船が送電線の上流で事故を起こして、そのせいであちこちで停電になったそうだ。
電気の消えてる駅もあったそうで、テロだと思った方もいた。
ぁぁ、今回のことを活かして、今後に備えていただきたいものだと思った。


2006年08月11日 (金) | 編集 |
久々にバトンを受け取りました。
恋愛経験少ない僕ですが、答えられそうなので受け取ってみました。


Q1.デートの時、相手が理由もなく1時間遅刻。
僕に渡した友人、その友人に渡した方ともに「理由がない」ということはありえない、とおっしゃる。
そのとおりで、「寝てた」とかだって、理由でしょ。
今はケータイがあるし、連絡取りやすいから、連絡なく待たされるとイライラ。アンド、何かあったのかとハラハラ。
でも、とりあえずは、どうしたのか聞きます。
で、理由次第でOKだったり、怒ったり。

Q2.デートの時、相手が、ありえないような服装。
どんな服…(?_?)
ありえね~って思えるくらいにひどかったら、一緒に歩きたくないかも。
でも、服ってむずかしいしなぁ。。。

Q3.デートの時、相手が携帯ばかりいじってて、相手してもらえません。
基本的に、イヤです、そういう人。
時間見るのはOKですが(自分が時計をしないのでケータイ見ないと時間分かんないから)。
こちらから誘った場合は、むぅって思いながら様子見かなぁ。
“惚れた弱み”みたいな(違う?)。
もし、相手から誘ってきて、そういう態度とったら、もうダメダメだね。

Q4.ご飯を食べて、会計に行こうとした時に相手が「ちょっとトイレ行ってくるから、先に行って」どうします?
これって払っておいてってこと?
普通に待ちそう。
払うべき…?

Q5.相手の人とお揃いの携帯にしたい!! とか思ったことありますか?
ない。

Q6.付き合ってまだ1ヶ月。親に紹介してほしいと相手に言われたらどうする?
早くないっすか…。
紹介されたことがないけど、気を遣うのは苦手だ~。

Q7.大好きな人から結婚を申し込まれました!!
即返事がほしいって。あなたはなんて答える?
そのときのその人との関係次第でしょ。

Q8.次にバトン回す10人。 ※必須でお願いします※
何でこれが「必須」と書かれるんだ。
それはともかく、友人各位よろしくです。
って、今までなかなか受け取ってもらったことないな~、頼むよぅ(笑)


2006年08月05日 (土) | 編集 |
イン・ハー・シューズ
イン・ハー・シューズ


キャメロン見たさに観る。
キャメロンは大きな口の笑顔がキュートだ。

身長175センチなのね、僕とあんまり変わらないじゃん。
一応僕の方が少し高いけど、ヒール履いたら抜かれるね。
気にしないけど。
いや、そもそも並んで歩くことってあるのかと。

さて、相変わらずのミーハーっぷりですが、映画の中身も好きです。
すごい好きだなぁ、こういうの。
さらっと言うと、美人だけど中身がちょっとという妹マギー(キャメロン)と、弁護士やってるけどファッションとかスタイルとかがちょっとという姉ローズの話。

物語後半、姉妹が今までと違う環境の中で生活して、再会して和解して。
姉の結婚式でマギーが詩を朗読するシーンがすごく良かった。
じわじわと心に染みた。

あと、ローズが犬の散歩するシーンが気に入ったな。
散歩のシーン何度かあるけど、最後が良いね。
楽しげで。



* * * * * * * * * *
とらちよ日記
ブログ日和。
MoonDreamWorks
Diary of Peace☆
映画見記録
Plastic Culture 的ブログ
30歳無職おきらく生活
MIHO'S DIARY
ブログ版「AV機器マメ知識」
Cartouche
眠れない日の映画レビュー
MOVIE 私的鑑賞記録
ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!
cinema is wonderful
カリスマ映画論イン・ハー・シューズ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。