2006年04月30日 (日) | 編集 |
オーデュボンの祈り
オーデュボンの祈り


伊坂のデビュー作。
コンビニ強盗に失敗した伊藤が、警察から逃げる途中、意識を失い、目が覚めるとある島にいる。
この島には、人間の言葉を話し、全てを見通すカカシ“優午”がいる。
が、伊藤が出会った翌日、優午が“殺される”。
全てを見通す優午は、なぜ自分の“死”を見通せなかったか。

とまぁ、こんな紹介文が付されているが、中身は例によって軽快に進む。
デビュー作に“例によって”も何もないが。“例”の側なのだから。

伊坂の原点とも言える作品という紹介があるので、伏線の張り具合やら登場人物の軽快なセリフやらを楽しもうと思って読む。
好きなのでもちろん◎だ。

一つイヤなのが、城山。
あくどい。
悪意の固まりのような人物。
小説だけど、こういう人間はダメだ。
はっきり、嫌いだ。
好きな人間なんていないだろうけど。
なんのこっちゃと思う人は、どうぞ読んで下さい。

城山はさておき。
読後感は、すごく爽やか。
きれいな景色が目に浮かぶ。
心の中で、思わず“優午…”と呟く。
悲しい呟きではない。

書きながら思ったのだけど、伏線だけじゃないんだな、良いのは。
ある人物について、キャラ設定がなされたら、その人物は決してその設定を踏み外さない。
その人物の設定上、決して矛盾した行為はしない。
設定通りの動きをし、話がきちんと収束するところが良いんだな。
ある人物が、特定の場面だからといって、設定に反した行動をとるのであれば何でもアリだ。
一貫性がない。
伊坂作品に出てくる人物は、行動に一貫性がある。
それでいて話がまとまる。
だから、“上手く作ってるな”と感心する。



* * * * *
38℃ブログ 「オーデュボンの祈り」

『オーデュボンの祈り』を読んだ!

オーデュボンの祈り ChatCatのブログ

『オーデュボンの祈り』伊坂幸太郎-著

くろにゃんこの読書日記:オーデュボンの祈り 伊坂幸太郎

おっさんの読書感想文「オーデュボンの祈り」伊坂 幸太郎

『オーデュボンの祈り』 伊坂幸太郎|ひらひら
* * * * *
スポンサーサイト


2006年04月28日 (金) | 編集 |
ドイツ表現主義の彫刻家、エルンスト・バルラハ。

060428_01.jpg


電車の広告で見つけて、たまにはこういうものに行ってみるかと思い、ふらりと行ってきました。
場所は東京藝術大学大学美術館。
サイトはこちら。

なんだかこういうのを見に行くと、いっぱしの文化人になった気がします。
こころなしか気取って歩いていた気もします(おバカ)。
でも正直“美だ!”とか“芸術だ!”とかは分かりませんでした。
可愛い子見たときの方がよっぽど“美”を感じます(何のこっちゃ)。

でも別につまらなかったとかいうことではないです。
面白かったです。
どういう風に芸術を感じれば良いか分からなかったというだけで、こういう世界もあるんだということで、僕にとっては未知との遭遇で興味深かったです。
ちと今後もこういうのを見に行ったりしてみようかと思いました。

060428_02.jpg


ところで、美術館の中はじゃっかん湿度が高かった気が。
作品の保存のためでしょう、きっと。
加湿器が置いてありましたから。

で、僕は、目が悪くて眼鏡をかけていますが、遠いと物がよく見えません。
…いや、目が良くても遠かったら見えないか…それはともかく。
展示室の角に何か置いてあるなと、アレはどんな作品かなと思って近づいていったら、加湿器で。
はたから見たら謎の人だったことでしょう(笑)。


2006年04月23日 (日) | 編集 |
陽気なギャングが地球を回す
陽気なギャングが地球を回す


まったく“舌の根も乾かぬうちに…”とはこういうことを言うのだろう。
「たいていの場合“待望の…”ほどつまらないものはないと思う。」などと書いて、「待望の映画化」という言葉への嫌悪を表明したばかりだった。
ブログを書いているタイミングと、書いている内容を実際に考えたタイミングはもちろん順番が前後することもあるけれど、立て続けに正反対の記事を書いたんじゃぁなんとも言い訳しようがない。

好んで読む作家の一人、伊坂幸太郎の『陽気なギャングが地球を回す』が映画化されると聞いて、これはぜひ見に行かなきゃと思ったのだ。
配役も良さそうだから、こう思ったのだろうけど。
何が良いかというと、佐藤浩市、大沢たかお、鈴木京香といった、僕が安心してみていられる方々だ。
佐藤浩市の嫁さんが加藤ローサなのだけど、これは原作に比べて若い!
若すぎだろ。
あと、松田勇作の次男・松田翔太もメインキャストの一人として登場。
兄貴よりこっちの方が好きだな、顔が。
演技は見させてもらいますが。

伊坂作品は、会話のテンポが良く飽きさせず、伏線きっちり張って漏れなく使われてくるので、面白い。
伊坂作品には、えらく威勢のいい常識はずれの人物が出てくるが、たいがいこの人物が話をまとめる役割を果たす。
なんかどっかで見たことあるキャラだと思ったら、京極堂シリーズに出てくる榎木津に近い。
なんてことを思っていたが、すでに友人のブログに書かれていた。
一歩遅かった(笑)
というか、そのブログを見たから、僕もこれを書こうと思ったのだが。

最後になるけど(最初に書けよな)、『陽気なギャングが地球を回す』の紹介を。
演説の達人(佐藤)、ウソを見抜く名人(大沢)、正確な体内時計を持つ女(鈴木)、天才スリ(松田)が、銀行強盗団。
失敗のないはずの彼らの計画がある日失敗に終わる…というところから展開するストーリー。
最後は、張っておいた伏線を使って、「ここでか!」と唸らされる。
話の展開が上手いなと感心。



映画『陽気なギャングが地球を回す』公式サイト
http://www.yo-gang.com/



* * * * *
駄菓子屋うぇぶろぐ 陽気なギャングが地球を回す

みほ。 陽気なギャングが地球を回す

「陽気なギャングが地球を回す」   伊坂幸太郎 ふせんし

『陽気なギャングが地球を回す』 伊坂幸太郎 まっさんち

本:「陽気なギャングが地球を回す」伊坂幸太郎 Tout va Bien

陽気なギャングが地球を回す|Book Review’S ~本は成長の糧~
* * * * *


2006年04月22日 (土) | 編集 |
ANESSAのCMの人、エビちゃんだと気が付かなかった。
化粧違うとぜんぜんわからず…。
気が付いてから、そうだと思ってみていると、目で分かった。

まぁ、なんのオチもない話ですが。


2006年04月21日 (金) | 編集 |
DEATH NOTE 10 (10)
DEATH NOTE 10 (10)


人の名前を書くと、その人が死ぬ「DEATH NOTE」。
死に神の持ち物だが、人間界に落とされた一冊の「DEATH NOTE」を拾った夜神月(やがみらいと)は、自ら世界の法たらんとして、悪人を裁き始める。
夜神月と、悪人であろうと殺人は殺人であるとして彼を追う者との攻防を描く、知的ミステリー。
週刊少年ジャンプに連載されているが、少年誌にそぐわない話の難しさ、セリフの多さ。
本編はいよいよ佳境。
もうすぐ最終回と思われる。

そんな「DEATH NOTE」が“待望の映画化”らしい。
誰が、待ち、望んだのか。
二次使用料を得ることのできる権利者たちか。

たいていの場合“待望の…”ほどつまらないものはないと思う。
もともとこちらで持っている世界観をぶち壊しにされるからだ。
それは配役のせいかもしれないし、無理に2時間程度に収めようとするせいかもしれない。

「DEATH NOTE」については、夜神月の役を藤原竜也が演じるとのこと。
僕は、ファンには申し訳ないけど、彼が好きではないから、さっそく世界観ぶち壊しだ。
今年の6月、10月に前後編として連続公開だとか。
一体何がしたいのか。
そんなに急いで作って、良いもの作れるのか。
流行ってるうちに、投下資金を回収しようみたいな商業主義の匂いがしてイヤだな。


↓一応、映画「DEATH NOTE」の公式サイトのアドレスを書いておこう。
http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote/



ここから先は読者しか分からないと思いますが。

友人からのメールに「清楚」という言葉が。
思わず「清楚高田」を思い出した僕は、すっかりデスノートっ子。

仕事柄「削除」という言葉をよく使うのだが、思わず「削除、削除」と心の中でつぶやく(しかも、“ガリガリガリ”なんて効果音付き)僕は、やっぱりデスノートっ子。


2006年04月20日 (木) | 編集 |
“時化”ってなんでしょう。
“時に化ける(時が化ける?)”と書いて、なぜ雨風が強く海が荒れることを表現する言葉となったのでしょう。
もともとは“湿気”から来ていて、“時化”は当て字のようです。
なぜこの字が当てられたのかは、調べ切れませんでした。
でも、“湿気”が語源であれば、“時化”の意味も納得がいきます。

ちなみに反対語は“凪(なぎ)”。
“風が止む”と書いて、“凪”。
意味もそのまま、風が止んで海面が穏やかな状態を言います。

漢字の、こういう情緒溢れるところが、僕は好きです。


ちなみに。
時化は英語で言うと「storm」、凪は「calm」あるいは「lull」でしょうか。
「大時化の」とは「turbulent」というようですが、面白いなと思ったのが「turbulent age」という熟語。
意味は「戦国時代」。
歴史好きなので、ついついこういうところに目がいきます。


2006年04月12日 (水) | 編集 |
陸奥宗光〈上巻〉
陸奥宗光〈上巻〉


明治を代表する人物の一人。
“カミソリ大臣”とあだ名されたことは知っていたが、かじる程度の日本史の知識の範囲でしか知らなかった。
坂本龍馬に出会った司馬遼太郎「竜馬がゆく」、武田鉄矢/小山ゆう「お~い竜馬」でも格別掘り下げられてはいないため、どういう人物か分かっていなかった。

自分の仕事が法律関係であり、契約相手との交渉事があることから、条約改正交渉を行った陸奥に興味を持った。
そこで出会ったのがこの本。
陸奥がどれほど勤勉家で志のある人であったをか知り、松下幸之助以来の師を得た気がした。

同書で次の言葉に出会ったのも幸。

「三学」
少くして学べば壮にして為すあり
壮にして学べば老いて衰えず
老いて学べば死して朽ちず
(佐藤一斎「言志晩録」)

陸奥の座右“鷙鳥(シチョウ)は群れず”も性に合い、惚れ込んだ。


2006年04月11日 (火) | 編集 |
金融工学、こんなに面白い
金融工学、こんなに面白い


リスク分散・リスク管理等々を学ぶ。
最初は良いけど、だんだん数式などがムズカシイ。
野口先生、金融工学とは面白いものなのだということを説明しようという気持ちは伝わってきますが、ボクは全ての理解には至りませんでした、ゴメンナサイm(__)m

ただ。

金融工学というものの全体像をつかむことはできた(つもり)。
説明せよと言われてもできませんが。

理解に至らなかったのは、この分野初の本だったからかななんて。
だいたい何かを学ぼうと言うときは、同ジャンルをいくつか読んで全体像をつかんで、それから細かい論点に入らないと身に付きません。
だからとっかかりという意味では、これはこれで良かったのでしょう、きっと。
・・・言い訳?(笑)


なんとか本編読み切って、最後の章「未来を拓く社会的技術」を読んだら、ワタシはこちらの方が面白かった(笑)

・・・いきなりここ読んでも、だめですよ~。本編ずっと読んで、野口先生なりストーリーを受け止めてから読んでこそ、面白みを感じるものだと思います。。

この章だけ毛色が違う。
金融工学については触れていない。
いや、触れているけど、金融工学とは何かということではなく(ここまでの章はすべてこれ)、金融工学という学問を世の中でどう位置づけるか、という触れ方。
そして話は、独り金融工学にとどまらない。

いかにリスク管理が大事か、教育が大事か、競争が大事か。
護送船団の弊害etc
曰く、大航海時代は国家の事業ではなく、民間事業だった。
これは目から鱗でした。
マゼラン、ガマらの航海は国家的事業家と思いきや、そうではなかったとのこと。
要するに、当時におけるベンチャーだったらしい。


で、いきなり話が飛ぶのですが、世界の覇権の移り変わりについて。
古代以降、世界でいちばん先進的な国はどこだったでしょうか。
答え:中国。
政治・文化などなど中国はかなり長い間世界一を誇っていたと言っても過言ではないでしょう。
そして欧州は後進国だった。
では、なぜ逆転したか。
それは、中国の官僚政治が行き過ぎていたから。
洗練されていった挙げ句に、いわゆる“民間の自由な活動”が成長しなかった。
欧州は、市民革命・産業革命を経験して、経済的発展を遂げ、世界を手にして行くわけだけど、これは“民間の自由な活動”があったからに他ならない。

そして話は戻って、大航海時代も絡まって欧州の発展の時代があるわけです。

自由な活動をし、ベンチャーをやるということにはリスクが付き物で、野口先生曰く、リスク管理というものに対する欧州のあり方は上に書いた歴史的背景の中で形作られてきたとのこと。
日本においては、それがまだまだ足らない。
この辺きっちりやらないと未来はないですよ、と結論付けられている。

“金融工学”というものの中身だけでなく、それに対する姿勢みたいなものがきちんと書かれていたのが良かった。


2006年04月10日 (月) | 編集 |
失敗学のすすめ
失敗学のすすめ


少し前に売れていた本。
タイトルと、雑誌などでのレビューでなんとなく書いてありそうなことは想像していました。
なので、買って読む気はあまりなかったのですが。
時間が余ったときはだいたい本屋で時間をつぶします。
移動があったりするときは移動中の暇つぶしに本を買います。
暇つぶしに買ったのがこれです。

……でも、最近買う新書はたいてい暇つぶしのつもりだということに、書きながら気がつきましたわ。


人はなぜ同じ過ちを繰り返すのだろう。

なんて言われます。

同じ人が同じ過ちを繰り返す。
ある人が他の人と同じ過ちを繰り返す。

どちらの意味でも取れそうです。

本書はその回避の道を探るべく、丁寧な説明を試みています。
ほんと丁寧に説明しようという感じが伝わってきました。

で、面白いのは説明のための図。
著者の畑村先生、東工大出身でバリバリの理系なので、文系のワタシから見ると“いかにも理系!”ってな図が多々登場するのです。
書いてある内容もさることながら、理系の人ってこういう図でものを考えるのだというところに興味がわいてしまったり。

みんなこれを読んで、ミスがなくなったら良いのにね、という感想で今日は終わり。


2006年04月09日 (日) | 編集 |
FAREWELL (DVD付)
FAREWELL (DVD付)


伴ちゃんが半分くらいの曲の詩を書いています。
ちゃんと書いてるんだと思ってじっくり聞くと、ぐっと来ます。
特に『horoscope』が良いです。
泣きます。
あと、伴ちゃんが書いたものではないけれど、『morning glory』も好きです。
泣きませんが。

DVDには、『farewell』『Hold Me...』のPVが入っています。
『farewell』では、電車の中の伴ちゃんが素っぽくて良いです。
『Hold Me...』は、ジャズぽい感じで。伴ちゃんのキレイっぷりが際立ちます。

こないだミュージックフェアに出ていたので見ましたが、ちょっとふっくらしてきたような。
もすこし前の伴ちゃんが良いななんて。



* * * * * *
伴都美子 - FAREWELL

伴都美子「FAREWELL」パワープレイ中♪

FAREWELL/伴 都美子
* * * * * *


2006年04月08日 (土) | 編集 |
今日午前、外付けハードディスクドライブがクラッシュ。
色んなデータが失われてしまいました。
悲しすぎる・・・。


2006年04月07日 (金) | 編集 |
mixiで、二つばかし面白いコミュニティを見つけたのでご紹介。
mixiユーザは検索かけてみて下さいませ。

・うろおぼえおえかき
想像、記憶だけで、ドラえもんやら何やらを書き、投稿するというコミュニティ。
かなり爆笑。
腹筋を鍛えるにはもってこいです。

・ディフェンスに定評のある池上
マンガ「スラムダンク」に出てくるキャラ(メジャーキャラではない)を取り上げたコミュニティ。
“なぜ彼を?!”という突っ込みはさておき、このコミュニティにある「みんなの名言。池上なら」というトピックが最高に笑える。
スラムダンク読者なら、この面白さが必ず分かるハズ!

気分が下降線のときはこいつらを見て下さい。
そしてまた僕にアナタの笑顔を見せて下さい(何のこっちゃ)


2006年04月05日 (水) | 編集 |
1度目の受験は数点足らず、不合格。
2度目で合格、このたびリベンジを果たしました。

受かった自信はありましたが、合格通知が来るまでははっきりしないので、ドキドキ。
受かって良かった。
次を目指します。


ちなみに、使った参考書・問題集は以下のモノ。

日商3級簿記完全独習最短集中ゼミ―まったくはじめてでも3級楽勝!
日商3級簿記完全独習最短集中ゼミ―まったくはじめてでも3級楽勝!



日商簿記3級 スピード攻略問題集
日商簿記3級 スピード攻略問題集



2006年04月04日 (火) | 編集 |
寝過ごしました。

疲れたときは、普段と違う駅から帰ります。
座って帰るためです。
寝過ごさないよう気をつけます。

なのに。

寝過ごしてしまいました。

はっと目が覚めると、駅のホームに入っていくところです。
アナウンスを聞いていると、降りるべき駅から数駅過ぎています。

シマッタ!

…と、心の中で思うだけなら良かったのですが、声に出してしまいました。
そんな大きな声ではないですが、近くにいる人には十分聞こえる大きさです。
隣の人はびくっとしてました…。
シマッタって言っちゃったことがシマッタですよ…。
ぁぁ、恥ずかしかった

ちなみに、すぐ電車から降りて逃げました。
降り際に扉がしまっていたら、もう目も当てられません。
逃げられて良かった


2006年04月01日 (土) | 編集 |
え~っと、お知らせをしたいと思います。

言うタイミングを迷っていましたが、年度が改まったキリの良いところなので本日この場を借りてお知らせさせていただく次第です。

お相手は学生の頃の友人で、先日再会した頃から徐々に仲良くなり始め・・・山あり谷ありを経て、ここに至りました。
僕好みのネコ顔です。
普段勝ち気なのに、甘えてくるとかわいいところが魅力です。
どうぞ末永くよろしくお願いいたします。




















まぁ、エイプリルフールなので、当然ウソなわけですけども。
ベタすぎて分かりやすかったかなぁ。
上に書いたのは全部妄想です、ハイ。
読んで下さった方、どうもありがとうございますm(__)m

また来年、ネタを考えよう。