--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年03月28日 (火) | 編集 |
お帰りなさいませ、ご主人様

一度は聞きたいこの言葉。
メイド喫茶なんて行ったこともないので知り合いにどういうところに行けば良いか聞いてみたところ「ぴなふぉあ」というお店を紹介されました。
行ってみると列ができています。
並んで順番待ち。
外からの写真撮影ができないよう、窓にはカーテン。
カーテンの隙間から覗き、メイドを確認!

萌え~(笑)

…いや…冗談(^^;)

やっと店内に通され、少し待つと席に案内されます。
メニューが不思議なモノばかり。
メイド特製カクテル\1,000ナドナド。
これを一通り注文してあとは軽く食べ物も。

しかし。
カクテルがユニークすぎてついていけません。
ごめんなさい、勘弁して下さい、許して下さい。

とにかく甘ったるい食べ物が多いです。
メイド喫茶の後はカレー屋に行ったので、甘甘から辛辛に行ったことになります。
今思うととんでもない食い合わせでした。

さて、お店の話に戻りましょう。
隣の席には女子大生くらいの女の子二人。
オムレツを頼んでいたようで、できあがったのが届きます。
するとメイドが好きな文字をケチャップで書いてくれています。
ああ、それにしておけば良かった…(笑)

店内には、会社帰りのサラリーマン(僕らもそう)、上に書いた女の子、秋葉原の住人らしき方々など、多士済々。
オミズ的なところではないですし、「喫茶店」であるわけですから、まぁ良いのでしょう。

惜しむらくは、「ご主人様」の言葉が聞けなかったこと。
同行したメンバーと、次回はこの言葉を聞ける店に行こうと固く誓ったのでした。

めでたしめでたし。

ぴなふぉあ
http://www.pinafore.jp/

~ fin ~



次回作「ヘルニア国物語」にご期待下さい!(ウソ)
スポンサーサイト


2006年03月22日 (水) | 編集 |
“いとしいしと”…ジェニファーに捧ぐ(笑)

歌舞伎町、新宿区役所の向かいに、ニューハーフバー「アルカザール」があります。
メインはニューハーフ達による笑いあり涙あり(?)のショーなので「バー」なのかよく分かりませんが。
すでに数回遊びに行っています。
最近は行っていません。
この記事を書くために久しぶりにアルカザールのホームページを見てみたら、ショーの内容が変わっているようで。
見に行かねば。

ショーは1日数回やっていて時間を決めて入ります。
予約して行くのが確実です。
食べ物は基本的になし。
ショーが始まるまでの間、ニューハーフたちが客席を廻って客と話をしたり飲んだり。
ショーの最中は出入り禁止なのでトイレは行っておきましょう。
写真撮影も禁止…ですが、ショー後に1,000円で好きなニューハーフとポラの撮影をしてくれます。
これは恥ずかしがらずに撮ってもらうべきでしょう。記念になります!(笑)

アルカザール
http://www.alcazar.ne.jp/index.html

to be continued...




2006年03月21日 (火) | 編集 |
「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL」というのがありまして、伴ちゃんがゲストとしてライブを行うことに。
場所は恵比寿ガーデンプレイス。
センター広場で行われるとのことで、無料!
タダで伴ちゃんが見られるなんて!

伴ちゃん登場予定時刻の15分ほど前に到着。
すでに人だかり。
僕は立ち。
座席の最前列にいた女の子たちは、八王子から始発できて10時間以上待っていたとのこと!
なんてえらいんだ。
座っている人たちは伴ちゃん目当てで来ていたと思われますが、女性が多い。
女性ファンがしっかりついていて安心です。

さて、ついに伴ちゃん登場。
髪が伸びて、すっごいキレイ。
DJ(って言うんでしょうか?ラジオで喋る人)との会話・・・あまり噛みあっていない気が(笑)
「マイペースですね」なんて言われていましたけど、伴ちゃんは基本的にトーク苦手だから、頭フル回転でどう喋ろうとか考えていたんじゃないかと・・・推測ですが。

さてライブ。
広場だからめちゃめちゃ近い!
ほんの数メートル先に伴ちゃんが。
ワンピースにジーンズ、あと軽くはおっていて、女性らしい。
こういう格好するとほんとに美人というのがよく分かります。
歌は2曲。
「FAREWELL」から「farewell」と「Hold Me...」。
DoAsのときとは全然違って、しっとり歌いあげます。
良い声です。
ずっと聴いていたいです。

写真撮影はNGでした・・・ので、ライブ後のステージだけ撮ってきました。




目を閉じて、ステージ上で歌う伴ちゃんを想像してみてください。



* * * * * *
伴ちゃん、やっぱかわえぇーなぁー。

J-WAVE HOLIDAY SPECIAL

J-WAVE HOLIDAY SPECIAL
* * * * * *


2006年03月19日 (日) | 編集 |
またまたDoAsのパネル展があるとのことで、前回に引き続き見に行って参りました。

…でも。
今回は前回に比べて…。

まず店内。
DoAsのコーナー発見。

060319_01.jpg


これは“パネル”じゃないし。
よく見ると、「特設ブース(レジ裏)にてパネル展開催中!」とある。
特設ブース?!

ということでレジ裏へ…。
すると、そこに…。

060319_02.jpg








んん、前回に比べてちっちゃくないですか~?!
解散しちゃったんだから…最後なんだから…、大々的にやってほしいわけですよ、ファンとしては。

前回みたいにパネル一枚一枚写真撮る気にもならず。
ちょっと残念でした。

ただ、ずっと流されているライブ映像はぐっときました。
見てると泣きそうなので退散。
買ったCD・DVDもまだ聴いたり観たりしてません。
泣きそうで。


それはそれとして。
今度発売される伴ちゃんソロデビューアルバムの告知が渋谷にでっかく掲げてありました。

FAREWELL
FAREWELL

(※DVD付とそうでないやつではジャケ写がチガウのだけど、公式ページとamazonでは入れ違いになっていて、なんか変)

HMVとロフトの間を抜けて交番目指して歩いていくと、左前方に見えます。
大塚愛とかより扱いが大きかったのがうれしい!
伴ちゃんラブ



* * * * * *
Do As Infinity -Final-パネル展続報

Do As Infinityパネル展
* * * * * *


2006年03月18日 (土) | 編集 |
某所にて先輩方との会話中、「メイド喫茶に行ってみたいね」、「メイドキャバクラってのもあるらしいよ」という発言が飛び、「じゃぁ、月クン探しておいて」と言われ探すことに。
「メイド喫茶」はあるものの「メイドキャバクラ」はなかなか見当たらない。
代わりに、と言うのも変だけれど、「コスプレキャバクラ」というカテゴリのお店を複数発見。
そして遊びに行ったのが「マジカルナイト」というお店。
そもそも普通の(?)キャバクラに行ったことがないので勝手が分かりませんが、その辺は先輩方に任せようと思って出陣。

お店につくと…
色んなキャラクターの格好をした女の子たち。
彼女たちは思い思いに、アニメ、マンガ、ゲームのキャラクターの衣装を着ています。
自前だったりするらしい(手作りだと言うからすごい!)
話すネタがアニメとかばかりなので、かろうじてガンダムとかの話でついていく…。
同行したおじさんは「宇宙戦艦ヤマト」の話題が共通項だったらしく盛り上がっている…しぶっ!

20分ごとに女の子が変わるので、何人かと話をし、1時間半ほどいて撤収。
先輩方曰く、健全だとのこと。
普通のキャバクラはもっと色気があるし料金も高い。
そっちも行ってみたい…「そっちこそ行ってみたい!」か?(笑)

マジカルナイト
http://magical.ciao.jp/

to be continued...




2006年03月15日 (水) | 編集 |
今日、DoAsのラストアイテムが同時発売されました。
もちろん全部購入!
全部しっかり味わうのにどれだけ時間がかかるんだろう。
例によってライブDVDなんかは泣いてしまいそうです・・・ぅぅ。


Do As Infinity-Final-〈初回限定盤〉
Do As Infinity-Final-〈初回限定盤〉



Do As Infinity -Final-
Do As Infinity -Final-



Do The Best "Great Supporters Selection"
Do The Best



Do The Box (枚数限定生産盤DVD付)
Do The Box (枚数限定生産盤DVD付)



Do As Infinity Instrumental Collection "MINUS V"
Do As Infinity Instrumental Collection




* * * * * *
Do As Infinity - final - ライブDVD

Do As Infinity-Final-

Do As Infinityラストアイテム

Do As Infinity ラストアイテム…フラゲ日。
* * * * * *


2006年03月12日 (日) | 編集 |
浜崎あゆみのライブに行ってまいりました。
DoAs以外は初めてなので勝手が分かりません。
手を振るタイミングとか、手拍子(?)のタイミングとかetc…
なんとなく“よそのウチ”に来た感じです。
“僕はDoAsの家の子だから、浜崎さんちは勝手が分かりません”的な。

全てがDoAsライブとの比較でしかないのですが、以下いくつかの点について。

客層。
ギャルやら若い女の子が多い。
言い方が、もはや自分が若くないかのようでイヤだな(笑)
要は、女子高生くらいの子が多かったっちゅうことですわ。
そのせいか、会場が香水臭い。
いや、臭いと言うほどでもないけど、DoAsのときは全く感じなかった気がします。
DoAsのときは、自分が燃え尽きて汗だくなので、汗くさいと言えば汗くさかった気がします。
そういえば、DoAsのときみたいに汗だくになりませんでした。
まぁ、そりゃそうか、あんなに激しくない。
…燃え尽きたいな。

ステージ。
ショーですね。
ダンサーいっぱいいるし、あゆは何回も着替えるし。
手品…イリュージョンと言うべきか…もあったし。
ライオンキングみたいなのもあったな。
衣装がかわいかった。
ピンクの黒水玉の衣装+ネコ耳。
男心をくすぐります(笑)
これ以外にもありましたけど、一番記憶に残ってます。

グッズ。
僕はとりあえずリストバンドだけ買って装備。装着。
光るうちわやペンライトもありましたが、買わず。
でも、みんな買っていたようで。
会場は青い光が溢れていました。
どうやらあゆライブには必須アイテムのよう。
曲に合わせて振ったりなどなど。
次回からは買うようにしよう。

よっちゃん。
DoAsで言ったらRYOさん的ポジション?
面白いね、この方も。
伴ちゃんと違って、あゆはよくしゃべるので、よっちゃんのトークメインということでもないですが。
実はあゆライブDVD持ってますが、ナマでよっちゃん見れて良かったです(笑)



今回のツアーはこのCDメイン。

(miss)understood (DVD付)
(miss)understood (DVD付)


ず~っと前はあまり好きではなかったですが、『evolution』あたりから聴き始め、今では普通にCDを買うようになってます。
このCDの中では『STEP you』『Ladies Night』『is this LOVE?』あたりが好きです。
初回盤で買うと、ミニ写真集みたいなのが付いてきて、僕は持ってます。
水着のショットもありましたが、ネコ耳の方が…(笑)

普通に楽しめたので、また行けたら行こうと思います。



* * * * * *
例によって、リンク&トラバ。

ライブ@さいたまスーパーアリーナ

ARENA TOUR 2006〜(miss)understood〜3/11さいたま公演

あゆツアー初日

あゆツアー初日、行って来ました!!
* * * * * *


2006年03月10日 (金) | 編集 |
僕は北斗の拳が大好きです。
ラオウに男の生き様を学びました。
「我が生涯に一片の悔い無し!」と高らかに叫び、拳を天に突き上げ逝ったその姿は、今でも目に焼き付いています。
そんな北斗の拳が映画化とのこと(http://www.hokuto-no-ken.jp/)。
オリジナルのストーリーで。
声優はアニメの頃と違い、ケンシロウは阿部寛、ラオウは宇梶剛士。
テレビで紹介されていて、ケンシロウはまぁ聞けましたが、ラオウは・・・。
やはり声優さんが変わるとイメージが崩れるので良くないです。
ですが、せっかくですから見に行きたいです。

見たら感想レポします。

ラオウ万歳!


2006年03月06日 (月) | 編集 |
ソフトバンクがボーダフォン日本法人を買うとのこと。

ソフトバンクもボーダフォン買収交渉の事実認める

それはそれで良い。

ただ一つ懸念が。

「ソフトバンクフォン(仮名)」のCMは上戸彩か伊東美咲か(ぇ

だって、ボーダフォンの伊東美咲のCM・・・「好きです」ってのは自分に言ってるんだと思っているんだもの(妄想
イヤイヤ、世の中の伊東美咲ファンはみんなして同じことを考えているはずだ。

ちなみに岡田クンも良いよね。
ジャニーズでは彼と長瀬が好きです。
短髪の長瀬が。

激しく脱線。

さて、このニュースに色んな反応があります。
その中で興味を持ったのはコチラ。

イー・アクセス「ソフトバンクは新規割り当て周波数を返上するべき」

今後の動きに目が離せませんな。



タイトルで言っているのは、株のことです、念のため。



* * * * * * * * *
さて、ビッグニュースなので、他の方々の記事にリンク&トラバ。

ソフトバンク、ボーダフォン買収へ…1兆円規模で交渉

ITバブルか、ソフトバンクがボーダフォン買収

(動画あり)ソフトバンクがボーダフォン日本法人を買収か

ソフトバンク、ボーダフォン買収へ
* * * * * * * * *


2006年03月05日 (日) | 編集 |
学生時代の友人(♂)の結婚式二次会に参加。
二次会というものに参加するのはこれで2度目。
披露宴は行ったことなし。

友人である新郎は営業やってるヤツなので、呼ばれた方々も職場の営業さんが多い様子。
彼らの出し物が面白い。
新婦の友人の出し物はなかったのだろうかと思うくらい、男臭いネタばかり。

タッキー&ツバサの「Venus」を流しながら、フィギアスケートの衣装を着て踊る男3人。
なぜか途中から最前列で見ていた男性がさらわれ脱がされ、トランクス一枚で踊り出す。
ついには新郎まで脱がされ踊り出す。

関西からわざわざ駆けつけたという5人組。
ネタがシュールすぎて、寒さを笑うみたいになってたり。

大塚愛「さくらんぼ」をバックに、黒ビキニ一枚で踊るマッチョマン。
動きのキレがありすぎです。

最後には、新郎ともう一人の男性が二人で出てきて、とてもここには書けないネタ(要は下ですが)を披露。
僕は最前列から2,3番目のところで見ていたので、おかしくてしょうがない。
馬鹿笑いしまくり。
写真撮りまくり。
動画もゲッツ。
アップはしません、つかまっちまうよ、オイラ。

実はこれらの前に、長州小力をやってる人たちがいたのですが、そのバックダンサー(?)は女の子でした。
女性が出てきたのはここだけ。


新郎、一緒に二次会に参加した友人らは結構久しぶりに会ったので同窓会気分。
前に呼んでもらった二次会も同窓会気分。
二次会ってみんなそんなものなのでしょうか?


2006年03月01日 (水) | 編集 |
おもいっきしネタバレ。
「ラッシュライフ」読もうと思ったら、この記事は読まない方が良いかも。
でもそれじゃ紹介の意味ないじゃん!・・・という矛盾がありますなぁ(^^;)

ラッシュライフ
ラッシュライフ



表紙を開くと、騙し絵が載っている。
階段を上っているはずなのにいつの間にか下の階層にいるように見えるアレだ。
この絵の意味は読後に分かる。

主人公、というか物語の中心は4人。
4つの物語が交叉する。
一つの終着点に向かっているわけではなく、それぞれがそれぞれに完結する。
最後の方に来ると、騙し絵のトリックに気がつき、時系列が錯綜していることが分かり、伊坂の本書でのねらいに辿り着く。
なるほど、面白いことをする。

伊坂は、村上春樹をミステリーミステリーさせた(と言っても重いミステリーではない)感じの作風だと思っているが、どうだろうか。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。