--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005年12月31日 (土) | 編集 |
“年末の挨拶”というのは苦手だし、そんなの書いたら“年始の挨拶”も書かなきゃいけないじゃないか。
今日“年末の挨拶”を書いて、明日“年始の挨拶”を書くのか?
一日しか違わないのに?

ということで、“年末の挨拶”に代え、今年出会った人物の一人を紹介することにする。

白洲次郎 占領を背負った男
白洲次郎 占領を背負った男


白洲次郎。
この名を知っている人がどれだけいるだろう。
おれは知らなかった。
本屋で平積みにされているのを見つけ、何じゃこりゃと思い、ぺらぺらめくる。
戦中・戦後の人物らしいと分かる。
まだまだ戦中を語るのは色々と偏見がありそうな感じで非常に気を遣うが、これほど爽快な人物はいないと思うので紹介したい。

略歴。
明治35年(1902年)兵庫に生まれる。
神戸一中卒業後、英ケンブリッジ大学に留学。
留学中にイギリス仕込みのダンディズムを身につけ、プリンシプル(principle)を尊ぶようになる。
帰国後民間で働くが、この時期に近衛文麿・吉田茂の知遇を得る。
終戦後、外相・吉田の要請により終戦連絡中央事務局の参与に就任、GHQ/SCAPとの交渉の前面に立つ。
これ以降、サンフランシスコ講和会議に顧問として随行するなど、吉田が退陣するまで懐刀として活躍する。
吉田退陣後は実業界に戻り、東北電力会長に就任するなどの働きをする。
昭和60年(1985年)11月28日、83歳で永眠。


GHQ/SCAPとの交渉中、GHQ/SCAPのホイットニーが次郎の英語のうまさに感心して褒めたところ、「あなたも練習すれば上手くなる」と切り返すなどの逸話は秀逸。
占領されても卑屈にならない次郎の発言に気分がすかっとする。

次郎の考えの一つに、ノブレス・オブリッジ(noblesse oblige)というのがある。
高位にある者は相応の義務を負う、という考え方である。
役得だ何だといって私利私欲を貪るような輩とはわけが違う。

トヨタの豊田章一郎と岡田稔弘に、「かけがえのない(No Substitute)車を目指せ」と語ったというのも有名らしい。
良いね、“No Substitute”

旧白州邸は訪問できるようなので、そのうち行ってみようと思う。
http://www.buaiso.com/index.html
スポンサーサイト


2005年12月30日 (金) | 編集 |
Nana (12)
Nana (12)


大流行の『NANA』。
今まで漫画喫茶で少しずつ読んでいたけど、今日、気分転換に一気読み。
数時間いたな・・・なにしてんだオレ。

矢沢あいの作品は『天使なんかじゃない』と『NANA』を読んでることになる。
吹き出しの外に書いてある手書きっぽいセリフが面白い。
いや、もちろん、そこだけではないけど。
話の展開とかも面白いよ。
最新の数巻はヘビーな内容な気がするけど。

ヘビーと言えば。
1巻あたり4話収録されているのだけど、各話の始めと終わりに語りがあります。
7巻までは奈々の語りばかりで、ナナに「今もあのときのなんちゃら」って語りかける感じなので、ナナはもういないんだと思わせるような感じで。
死ぬのか、病気でどうかなっちゃうのかと思っていた。
そしたら8巻でナナの語りが出てくるから、ちょっと違うのかなと思ったり。
でも最新巻でどんどんヘビーになっていくから、やっぱり不幸が起こりそうだし。
ぁぁっ、混乱する。
大体登場人物も多すぎるし、絡まりすぎだ(それを楽しみながら読んでるのだけど)。
とにかく最後まで読みきろう。
早く次の巻出ないかな。
掲載されてる雑誌を立ち読みするか。

さて。
12巻の巻末に、NANAのトリビュートアルバム紹介が。
色んなアーティストが参加してるのだけど、DoAsの名が!
参加してるの知ってたけど、こうやって見ると感無量で。
泣けてきてしまった(・・・やっぱ情緒不安定かしらん)。

LOVE for NANA ~ONLY1 TRIBUTE~ ~Black Stonesヴァージョン~ (通常盤)
LOVE for NANA ~ONLY1 TRIBUTE~ ~Black Stonesヴァージョン~ (通常盤)


LOVE for NANA (仮) ~ONLY1 TRIBUTE~ ~TRAPNESTヴァージョン~ (通常盤)
LOVE for NANA (仮) ~ONLY1 TRIBUTE~ ~TRAPNESTヴァージョン~ (通常盤)


あ~、ちなみにこのCD聴いたことないです。
聴いた方、感想教えて~。
[続きを読む...]


2005年12月29日 (木) | 編集 |
気分転換にブログを書きます。

仕事が忙しいと休みが欲しくなりますが、気分が下降気味の時に休みだと気が紛れず困ります。
無い物ねだりですよね。

さて、気分転換にバトンを(勝手に)受け取ってきたので書いてみます。

Q1.2005年の10大ニュースのうち、3つ挙げて下さい。
1.DoAsInfinityが解散した。
今までにいくつか記事を書いていますが、ホントに悲しい。
DoAsよ永遠なれ。

あと2つ。
う~ん、むずかしい。
少なくとも言えるのは、ろくなことがなかったということ。
来年は良いことがあるかしら。


Q2.2005年に立てた目標は何ですか?
1.英語の勉強
2.法律の勉強
3.幸せになる(笑


Q3.その目標の達成率はどれくらいですか?
1.やってね~。
2.個人情報保護士取得したりしたし、ぼちぼちだろう。でも、もっとやりたい。
3.なれてね~(^^;)


Q4.2005年に貰って、一番嬉しかった物は何ですか?
「くれる」行為に感謝し、嬉しく思っています。


Q5.2005年に個人的にはまったもの、人はなんですか?
はまったもの:フラッシュ、ブログ
はまった人:石川亜沙美、伊東美咲(←ファンなだけか?)

Q6.2005年の個人的流行語大賞は何ですか?
覚えてねぇな。
「フォー!」(レイザーラモンHG)とかしか覚えてない。
「あるある探検隊」とか。

Q7.2005年の個人的レコード大賞、受賞者&受賞曲は何ですか?
受賞者:平井堅
受賞曲:瞳をとじて
・・・明らかに、最近の選曲だ・・・上半期なんか覚えてない。


Q8.2005年を漢字一文字で表すと何ですか?
“乱”
心が乱れまくりでした。


Q9.最後に、2005年を振り返って、一言お願いします。
今年は大殺界の最後でした。
あと二日で終わりです。
次の大殺界まで運気上昇していきたい。
それにしても、3年間鳴かず飛ばずだった気がする。
耐えて成長を心がけましょうみたいな話が細木数子の本に書いてありましたが、実践できたかどうか。


Q10.次にバトンを回す五人をどうぞ。
特に指定しません。
友人方、よろしく~。


頭まわらない状態で書いて、振り返ってみるとよく分からない感じですが、このままアップしますです。


2005年12月27日 (火) | 編集 |
昨日は部の飲み会。
疲れていたせいか、ビール2杯+梅酒ロック1杯で撃沈。
頭痛と眠気に襲われ、全然会話に混ざらなかった・・・orz

そして、今日は寝坊・・・。
普段よりも1時間寝坊しても始業時刻に間に合ったのは、普段の出社がそもそも早いからか。ヨカッタ。

もう、はっきり言ってしまうけれど、今日は全然やる気がしなかったので、とっとと帰宅。
まぁ、年末なので、さすがに差し迫った仕事はだいぶなく。
というか、来年に回せるものは回したからね。
年明けの自分への“指示書”を書いて置かねば。
年明け早々何したら良いか分からなくなるといかん。

早く帰ると決めた瞬間、買い物しようと決意。
そして、これを買う。

iRiver フラッシュメモリープレーヤー N10 1GB-RR ローズレッド
iRiver フラッシュメモリープレーヤー N10  1GB-RR ローズレッド


MDプレーヤーは持っていたけど、でかいと思い始め使わなくなっていた。
移動中、ポケットとかに入れるのがだんだんイヤになったのよね。

で、最近はiPodなどなどが流行っているので、どうしようかしらと思っていた。
しょっぱなは手頃なお値段のが良いなと思い、何人かに聞いて、店で探して、iriverのを購入(amazonで買う方が安いかも?)。
すでに曲を入れて聴きながら、これを書いている。

なんと言っても小ささが良い!
邪魔にならない!
音も特に問題はないと思うが・・・おれはそんなにこだわる方でもないし、そんなに分かるわけでもないし(あまりにひどいのはさすがに分かるが)。
一つだけ言わせてもらうと、説明書が細長いのでめくりづらいっ(>_<)

さてさて、明日から外で使ってみよう。
でも、マフラー巻いてるこの時期・・・どうやって首にぶら下げれば・・・(笑)


2005年12月25日 (日) | 編集 |
忘年会シーズン真っ盛り。

ワタシは仕事であまり忘年会などやっとりませんが、仲間うちでの忘年会&クリパで大はしゃぎ。
はしゃぎ過ぎて(?)、新しい自分を発見・・・こんなん着ちゃいました(笑)
女性陣に化粧をしてもらい、金髪ウィッグもかぶり、網タイツも履き。
高校の文化祭でワンピースは着たことありますが、ここまで本格的なのは初めて。
写真撮って見てみたら笑いが止まりません。
おもろすぎ
プレゼント交換のため、くじを作りそれを太ももあたりの編み目に挟み・・・順番に引かせるというサービスっぷり。
・・・本気で嫌がってる人もいましたが・・・

さて、来年は何に挑戦しようか(笑)


2005年12月21日 (水) | 編集 |
2度目です。
1度目の結果がよっぽど悔しかったんだろうと思った方、その通りです(笑)
18段階中6位まで浮上(1度目は17位・・・)。
迷ったときは良さそうな方を選択してみたらこんな結果でした。
1度目は迷ったときは良くなさそうな方を選択していました。
ルックスはあえて高得点をつけてみました(ずる)。

ちなみに結果の項目のうち、一つ紹介。
○恋愛タイプ 「人気沸騰型」
・・・「人気沸騰型」ってなんでしょう(笑)

僕との相性はこちらで分かります。試した方、コメントお願いいたします~m(__)m
http://hanihoh.com/love2/index.cgi?ck=051221-75-39908545


2005年12月19日 (月) | 編集 |
こんなサイトを発見。
恋愛成績表 - 恋愛力を性格などから診断するサイト

成績あまり良くなくてへこむ・・・orz

面白いから、みなさんもやってみましょう。


2005年12月18日 (日) | 編集 |
孫正義。
物理的には近くないが、精神的・・・心情的、心理的と言った方が良いか・・・には近いと思っている人。

元々は「起業の若き獅子」という本だったようだが、文庫版のこの本を発見。

孫正義 起業のカリスマ
孫正義 起業のカリスマ


一度彼がどういう人生を送ってきたのか見てみようと思い読む。
学生の頃に起業し、今のソフトバンクに至る直前までが描かれている。
彼が、何を目指し、如何に闘ってきたかがよく分かった。

読んでいて、“世のために”という点が松下幸之助に似ている気がした。
彼は、坂本竜馬と織田信長が好きだという(好きな人物が同じなので、ますます親近感を持った)。
信長はおいておくとして、竜馬もやはり己のためではなく世のための働きをしていた。
皆共通している。

広い意味でITの世界に未来を見た者として、今後の彼の活躍を応援したい。


2005年12月17日 (土) | 編集 |
社会人としての心の師、松下幸之助。

就職活動をしていた頃、モノ作りしている会社でないと、仕事の内容がどうしてもイメージできなかった。
偉大なる経営者というものを全然知らなかったので、一度読んでみようと思ったのが次の本。

天馬の歌 松下幸之助
天馬の歌 松下幸之助


これを読んで幸之助の人生を知る。
さらに、次のも読んだ。

人生心得帖
人生心得帖


心得帖シリーズは、全6冊。
これらを読んで幸之助の考え方を知る。


曰く、
こけたら立たなければならない。
会社は社会の公器である。
適切な利益を得ることが喜びで次に繋がる。
などなど。

3番目について少し。
営利行為に多少なりとも嫌悪を抱く人が身近にいたので、少しこちらの考えを述べたい。
暴利はそうだろうと思う。
営利はどうだろうか。
営利行為というのは、客があって成り立つもので、自分の働きを評価してもらい対価を得、それによって次の投資をし、また客に喜んでもらう。そのことの繰り返しではないか。
また、ときには得た対価をもって自分の楽しみに使う。
楽しみがあってこそ、また働くことができるのではないか。

さらに。
営利行為とは自分の利益のみを考えては成り立たない。
自分しか利さない行為には誰も対価を払わない。とすれば、他者の利益になる・・・それは物質的なものかもしれないし、精神的なものかもしれない・・・そういった行為であってはじめて継続していくことができると考える。
ここで、2番目に繋がる。
公器であるということは、世の中の役に立ってこそはじめてその存在意義があるのではないか。

疑問ばかり投げかけて結論じみたことを言っていないが、先に進む。


幸之助は、PHP研究所も設立した。
PHP文庫はよく読む。
PHPとは、“Peace and Happiness through Prosperity”のことで、“繁栄によって平和と幸福を”という考えからPHP研究所が設立された。
ここにも彼に思想があらわれている。
彼は、とにかく、国民に安くて良いモノを、という考えで商売をしていた。
“PHP”の言葉も、根は同じ考えだろう。
共感した私は幸之助を師と仰いで仕事をしている。

会社員でなくても学ぶところは多いと思うので、上記の本はお薦め。



ちなみに、私は松下社員ではありません。
回し者などでもありません。
念のため。。。


2005年12月11日 (日) | 編集 |
夜コンビニに行ったら雪が降ってきた。
確かに昼間も寒かったもんなぁと思った。
雨はイヤだけど、雪は良い。
昔、雪が降ってくるのを見上げながら歩いていたら、水たまりに足を突っ込んだことも・・・(^^;)
もう今年も終わりかと思うとちと切ないな。

さて。
先日のビリヤード本に続き、今日はダーツ。
近々マイダーツも買うつもりなワタシ。
やはりこちらも基礎を学んでおきたいなと思った次第。
カラフルで、写真入り図解も多くて分かりやすい。

ダーツ・ゲームブック
ダーツ・ゲームブック


カウントアップは点取り合戦で分かりやすい楽しみ方ができる。
クリケットも駆け引きがあって面白い。
奥が深いね。


2005年12月09日 (金) | 編集 |
CD屋に行って山崎まさよしのアルバム「BLUE PERIOD A side集」を購入。
そのとき平井堅の「歌バカ」発見。
いっぱい置いてあったので。
山崎まさよし本命で行ったのだけど「歌バカ」も購入。
今まで彼のCD買ったことなかったのだけど、友人が書いた感想を読んでいたので買ってみようという気になったのです。
その感想文が名文で、ブログだったらリンク&トラバしたいところですが、mixiなのでそういったことができない。残念。ぅぅ。
mixiユーザーも、記事はブログにしてmixiに取り込めば良いのに~なんて。
もうちょっと脱線したままですが、友人のブログとかで、話し言葉ではなく、書き言葉を見て、新たな発見をできるのが楽しかったりします。
こんなこと考えてんだとか、こんな文章書くんだとか。
話し言葉では気付けないからね、こういうの。


さて、本題。

Ken Hirai 10th Anniversary Complete Single Collection '95-'05 歌バカ (初回生産限定盤DVD付)
Ken Hirai 10th Anniversary Complete Single Collection '95-'05 歌バカ (初回生産限定盤DVD付)


重いイメージがあったけれど、結構色んなタイプの曲を歌っているのだと初めて知りました。

DVD付の初回限定盤にして良かった。
歌と映像で楽しめて。
彼の軌跡を見ることができて。

重めの曲では「瞳をとじて」にどっぷりはまり。浸り。
終いには涙。
ほんと涙もろくなりすぎの自分が怖い。

明るめの曲では「POP STAR」が好きかな。
「その頬に微笑みを与えられたなら」という詞が気に入りました。
同感・・・共感、か?
惚れた女には笑顔見せて欲しいものね。

DVD付の初回限定盤、まだあるのかな。
これはかなりお薦めです、お早めに~!


2005年12月04日 (日) | 編集 |
初心者のためのザ・ベスト・ビリヤード―四つ玉・ポケット自由自在
初心者のためのザ・ベスト・ビリヤード―四つ玉・ポケット自由自在





学生の頃から、たまに友人とビリヤードをしていた。
理論は全然学ばずに。

最近きちんと学んでみたくなって本を購入。
読んだ内容を練習。

051204_02.jpg


理論を踏まえた上での練習は効果あり。
今後のさらなる上達に期待。

挑戦者求ム!(笑


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。