--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005年09月29日 (木) | 編集 |
2005年9月29日。

ついに解散日。




これは、卓上カレンダーを撮ったもの。
9月29日を含む週のページ。
上の方は「Do As Infinity The 6th Anniversary!!」って書いてある。
彼らがこれを撮影したときは解散なんか考えてなかったことがよくわかる。
「これから」って言ってるじゃん。

これから何だって言うんだ!なんて気持ちにもなる。
うそだったのか!みたいな気持ちにもなる。



公式サイトから、メンバーのメッセージが読める。
VANちゃんは淡々と、RYOさんは未練あり(?)、DAIさん詩的な。
公式サイトがいつかなくなって読めなくなると、それもまた悲しいのでもってきてみた。

------

サポーターの皆と共に歩んできた6年間、全てがDo As Infinityの源でした。
これからは皆に愛されたDo As Infinityから巣立ち、ソロアーティストとして活動してゆきます。
本当にありがとうございました。
そしてまたよろしくお願いします。
2005年9月29日
伴 都美子

------

皆さん、りょーです。


ホントに6年間どうもありがとう。

オレにとって最高な6年間だったぜ。



何度も言うけど、

オレはもっとやりたかったんだ・・・

・・・お互い、今を生きようぜ!

オレが言えるのはコレだけだ。



相変わらず音楽は素晴らしい!



オレは我が道を行く。達者でな。

Peace! りょー


                2005.9.29

------

今日は新たなる"Do As Infinity"の門出の日だ。
第一幕"Do As Infinity"の主役の2人はそれぞれソロに、バンドに可能性を見つけたみたいだ。
そして僕はー
僕は今、本当に充実した日々を過ごしている。フリーになりリスクや悩みこそ多少増えたが、たくさんの愛ある仲間に助けられて、ようやく"無限の可能性"というものを手に出来たような気がする。まさに僕自身の"Do As Infinity"だ。
そして皆さんは手にする事が出来ただろうか。まだ探している人も多いと思う。少しでも見つけてくれた人がいるのならば、それがこの6年、僕たちが築き上げてきたものの意味となる。
主役の交代。そう、第二幕"Do As Infinity"の主役の座は皆さんに還されました。そしてそれぞれの"TAO"でそれぞれの"Do As Infinity"を見つけ出してくれる事と思います。
それぞれがその先にある何かを手にする事が出来たなら、いつの日かまた僕らは巡り会えるような気がします。
道はどこかで繋がっているのだから・・・
PS.僕は"Do As Infinity"の作曲担当。当然、サポーターの皆さんへの感謝の気持ちは曲でしか応えられないと思っています。
そんな訳で最後の1曲作っちゃいました。もしかしたら幻の1曲になってしまうかもしれないけど出来る限り皆さんの手元に届けられるよう頑張ってみます。
D・A・I

------



CD・DVDはまだ聴けない・観れない。
いつになったらできるかな・・・。
スポンサーサイト


2005年09月28日 (水) | 編集 |
Do The A-side(DVD付)
Do The A-side(DVD付)


Do As Infinity LIVE IN JAPAN 2
Do As Infinity LIVE IN JAPAN 2


ゲット。
しかし聴く&観る時間なし。
感想は後日。
でも泣きそうで聴く&観るのが怖い。

明日はいよいよ解散日。
悲しすぎる。


2005年09月25日 (日) | 編集 |
今日は台風の影響で暴風。
朝は雨も降っていたけれど、昼近くから風だけになった。
雨がないだけましだが、それでも外に出る気にならない。
というか、若干持ち帰ってきた仕事をこなさなくてはならない。

こなす分をこなし、家の片づけに挑戦(?)してみようと思い立つ。
数ヶ月後には引っ越さなくてはならないので、今のうちに要らないものは処分しておき、新しいものを家に持ち込まないようにしようと思っていた。

毎度大片づけする度に思うが、よくもまぁこんなに色々なものが。
なんとなく残っていたものから、埋まっていたものまで。
ある意味タイムカプセルと化していた我が家(笑

疲れたので一休みして、今これを書いている。

それにしてもやはり本が多い。
尋常じゃない・・・ワタシより本読む人もたくさんいると思うけど、本読みの家ってのはなんでこんなにあっと言う間に本がたまっていくのだろう(ちなみにマンガも含む)。
読むペースより買うペースの方が早い。
amazonなんかで買うと、疲れた仕事帰りに重い本を持ち帰るなんてこともしなくて良いため、ほいほい買ってしまう。
ある月のカード使用料、本代がかなり多くてびびったこともあり・・・気を付けねば。
8畳の部屋に本棚三つ(2m×1、1m×2)だからね・・・本以外の細々したものも置いてるけど。
そんで、ピアノのある部屋。
引っ越し先も8畳ないといやだなぁ・・・。

あと、本以外にもUFOキャッチャーで取ったぬいぐるみとか、北斗の拳のキャラクターフィギアとか、ガンプラとかマニアックな代物まで。
ぬいぐるみは一部友人にあげる予定だけれども、北斗の拳とガンプラはどうしようか悩む。
せっかくなので(?)今度写真載せましょう。
けっこう気合い入った作品。
捨てるのもったいない気もする。
これらの扱いはもう少し考えよう。

さて、そろそろ片づけの続きをば。


2005年09月24日 (土) | 編集 |
今クール、撮影見学するなど思い入れのあったドラマ「電車男」が最終回を迎えた。

最終回の2,3回前くらいから「秋葉カンペー」さんも出てきたのが面白かった。
豊原功補がかなりギャグ路線のキャラ設定なのは不思議だった。こういうのもやるのね、この方。
伊東美咲の演技はいつも通り・・・。

最終回、ネットの住人達との友情が描かれ、涙腺が弱まりまくっているワタシは涙・・・(笑)
ホント弱い、どうなっちまったんだろう。

で、最終回なので、当然“電車男・伊藤淳史”と“エルメス・伊東美咲”が結ばれるわけで。
キスシーンもあり、うらやましいとか思いながら眺めていたら・・・・・・・・・・


モ・・・モザイクが!Σ( ̄□ ̄;)


何度もキスしてるうちに大人のキスもしちゃった、という流れなのだけれども、その大人のキスのシーンで、くっついている伊藤淳史と伊東美咲の口元にモザイクが。
健全な男子にモザイクなんて・・・(笑)

ていうか、子供も見ていたかもしれないのに、良いのか、あんなシーン?!
おれが興奮しすぎなのか?!

もう、ホント眠れませんでしたよ、ワハハ


2005年09月23日 (金) | 編集 |
引き続き体調管理系のおはなし。

久しぶりにあった友人から、出来物が減ったと言われた。
さすが女の子はよく見ているなと感心。

で、会話の中で、モデルなんかは、肌をきれいに保つためには化粧品よりも睡眠を重要視しているなどの話題も。
あと、食べ物もあったかな?ちと記憶が曖昧・・・。
とにかく、体の中からというか、自分の自浄作用というかそういうのが大事なのだねという話。

自分を振り返ってみると、最近睡眠時間が少ないことは確か。
これはもう単純に早く寝るように心がけるしかない。

次に食べ物。
やたらと食べてお腹が出た訳だけれども、栄養を摂ったかと言われるとあやしい生活だった。
最近は、大戸屋おはちあたりで、魚・野菜を食べることが多いので、より気を遣っていけばよいのかなと。

当たり前のことだけれども、再認識できて良かった。


2005年09月22日 (木) | 編集 |
今年の3月、ろくに飯も食わず仕事をしていました。
年度末ということもあって帰る時間が遅かったので、食べる気がしなかったのです。
とは言っても少しは食わなきゃまずかろうと思って、会社でおにぎり一つとかそんな生活。
まともなご飯は昼食のみ。

で。

4月に体調不良・・・。
やはり食べなかったのが祟ったのだろう、と。

その後はとにかく食べなきゃの一心で、栄養バランス考えずに腹に何かしら入れておくという生活。
お菓子でもコンビニ弁当でも、食べないよりはまし、と思って、適当に食べておりました。

すると。

どうも鏡に映る姿が違う・・・。
ベルトがきつい・・・。

お腹が出てきてしまったのです。
これはかなり焦りました。

やばいやばいと思っていたある日、たまたま付けた「あるある大辞典」でこの手の話題を扱っていました。
これによると、行き場のない脂肪はとりあえず胃の周りにたまるんだとか。
そしてこの脂肪は割とすぐ取れるものなんだとか。
ただ、放っておくと、横隔膜が上がり、肺・心臓に悪影響を及ぼすので良くないとのこと。

この脂肪を取るための簡単なストレッチも紹介されていました。
番組の中で、実際このストレッチをやって効果が出た人なんかも紹介されていて、ワタシもやってみたところ、効果アリ!
ベルトのきつさがなくなりました!
これはかなり嬉しい。

さて、ストレッチの仕方は以下のとおり。
①椅子などに座る
②お腹に手を当てる(添えるくらい)
③口から息を吐きながら上体を倒す(お腹を覗き込む感じ)
④花から息を吸いながら上体を起こす
これを5回繰り返します。
次に、②を「手を組んで上にあげる(両手の平を天に向ける感じ)」にして、やはり5回繰り返します。
これを3,4時間置きにやると良いです(働いているワタシは朝晩しかやっていないですが、それでも効果はありました)。


2005年09月19日 (月) | 編集 |
「~愛・地球博~」を読んだ友人から「シャチホコは良いから!他の写真見せてよ!」とのコメントが(笑)

ということで、以下若干ご紹介。

これはどこの館が忘れましたが、船です(ミレバワカル)。
もちろん実物大ではありませんが。
人間が乗る本物はきっときれいなのだろうと思わせるものでした。




アンコールワットの模型の背景に描かれていた絵。
絵の方もとてもきれいでした。




こちらもどこの館か忘れてしまいましたが、世界で一番長い橋の模型。
実際のものは軋んだり、しなったり、夏場の電線みたいになったりしないか心配ですが、現実に利用されているのだから何かしら対策がされているのでしょうね。




とまぁ、こんなところです。

連休中は入場制限もされていたみたいですね。
まぁ最後の一週間ですしね。
駆け込みの混雑がすごいのでしょう。
みなさんお気をつけて。


2005年09月18日 (日) | 編集 |
ドコモダケ、ゲェェェェェェェェェェットォォォォォォォォォォ!!!!!!!!!!(JOJO風)




ゲーセンのUFOキャッチャーでゲット。
しかも2個。
一つは友人に献上。

かつてUFOキャッチャーの鬼として一世を風靡したワタシ。
老いてなお盛ん(イミ不明)

それにしても愛いやつじゃ。


2005年09月17日 (土) | 編集 |
結構前の話ですが、久々に逆上がりをしました。
子供の頃はできて、学生の頃はできたりできなかったりで。
こないだやったときは、最後まで行けきれなかったところを友人が手助けしてくれてなんとかできて。
8割方できたといったところか。
っつっても、逆上がりのドコまでが8割なんだかって話ですが。

夜の公園で大の大人が逆上がりに燃える。


夜の公園ってのは、なんか面白い。
ブランコとか、滑り台とか。
ぶら下がって「ア~アア~」って滑っていくやつとか。

ちなみに。
ブランコこいでる人をデジカメで夜景モードで撮ると、プレデターみたいになって面白いです。
今度やってみて下さいまし。


2005年09月14日 (水) | 編集 |
DoAsInfinityが解散・・・悲しすぎです。

もっぱらDoAsばっかり聴いていたワタシ。
ライブで跳びまくっていたワタシ。

DoAsは、伴都美子(VAN)、大渡亮(RYO)、長尾大(DAI)の3人。
VANちゃん、RYOさんにはライブでいっぱい楽しませてもらいやした。

「美貌の青空 チェ・ゲバラ、魂の錬金術」の記事でも書きましたが、VANちゃんの歌声は力強くて、ものすごい好き。
めちゃめちゃきれい&かわいいし。
でもVANちゃんだけでDoAsが好きなのではなく、やっぱみんなそろってのDoAsなわけで。
ライブ行くとバンドのメンバーもすごく良くて。
全部ひっくるめたDoAsにはまりまくっているのです。

解散の予兆なんか全然なかった(と思っている)のに。
なぜ、今?

失恋よりも悲しい(/_;)
マジ悲しい。

9/28にベストアルバム発売、6周年を迎える9/29をもって解散。
11/25にラストライブ@武道館。
今はまだライブに行けるという、ある種の希望みたいなものがあるけれど、11/25を過ぎたらもうライブがないのだと思うと泣けてくる。
てか、今朝、めざましテレビでこのニュースを知って、マジ泣き。
11/25ライブに行ったら、もうどうなることやら・・・。

公式サイトによると、
VANちゃん→ソロ
RYOさん→別のバンド
DAIさん→プロデュース業に専念
とのこと。

渋谷駅前で路上ライブをやっていたことから出会いたかった。
彼らがデビューしてから2年目くらいのときに「Yesterday&Today」という曲でその存在を知り、アルバム「DEEP FOREST」で惚れ込んで以来のファン。
ああ、これから何を聴いて生きていけば良いんだろう。
そんな想いでいっぱいの今日。
仕事中にも泣きそうになるし。

とりあえずはライブまで精一杯応援して、それから先のことはそれから・・・かな。


公式サイト
Do As Infinity Official Web Site

他の方々のブログ
Music, Laugh & Peace Do As Infinity 解 散
Thanksgiving DayDo As Infinity解散(´・ω;`)
egocentricity Do As Infinity解散。
Koba Lab.Do As Infinity 解散!!


2005年09月12日 (月) | 編集 |
疲れているのか・・・いや、疲れているに決まっているからこその出来事ですが・・・降りるべき駅を寝過ごしてしまいます。
先日は1駅でしたが、今日は3駅。
このペースだと、2個ずつ増えているので、次は5駅、7駅・・・ぅぅ、おそろしや。

一週間もたなそ~。


2005年09月11日 (日) | 編集 |
地元が名古屋なので、やはり一度は行っておかねばと思っておりました。
夏休みらしい夏休みを取っていないワタシですが(秋休み取得予定)、なんとか万博だけは行ってまいりました。

公式サイト

半年くらい前“モリゾー・キッコロ”を知らなかったために、友人から「愛知県民失格」と言われたワタシ。
万博に行ったことで“合格”でしょうか・・・(笑)


以下レポを。

行く前に軽く下調べしてみると、企業館はむりっぽい。
ロボットとか見てみたかったけれど、一日しか行かないので“質より量だ!”といった気分で、入れるところに入ることにしようと決意。

朝は地下鉄本郷駅を出たところから乗り合いバスが出ているとのことで、これに乗って行こうとする。行ってみるとすでにそこそこの列。
並んでいると、普通のタクシーも次々とやってくる。
バスを待ちきれず、タクシーに相乗りしていく人多数。
かくいうワタシも、前に並んでいた中年夫婦に声をかけられタクる。
さすがタクの運ちゃん、空いてる入り口とか情報を教えてくれて。
アドバイスに従い着いてみると、長蛇の列。
タクを降りたところから会場入り口を見下ろすと人が多すぎて気持ちが悪い。
頭が蠢いている・・・萎える(;-_-X;)

気を取り直して、いよいよ入場。
マンモスだけは見たかったので、真っ先に向かう。
「グローバルハウス」というところに、「マンモスラボ」「ブルーホール」「オレンジホール」とありますが、「マンモスラボ」だけなら混むまでは整理券なしで入場可。
「ブルー/オレンジホール」には目もくれずマンモスゲット・・・いや、ゲットじゃないけど。
無事マンモスの牙を拝めました。アリガタヤアリガタヤ。
人間の腕より太く長いので、良くこんなものぶら下げて生活できるなと感心。
写真は撮れなかったので心のアルバムにおさめましたダ。

その後は外国パビリオンをぐるぐると。
ざっと覚えているだけで、ベトナム、タイ、カンボジア、トルコ、イタリア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、リトアニア、ウクライナ、アイルランド。
他にもいくつか行きましたが、正確に覚えておりませぬ。
回るのに必死で・・・(笑)

とにかく人が多いので、昼食時に昼食取ろうとしてもどこもかしこも長蛇の列。
とても待ちきれるものではないので、各パビリオン内で売っているご当地食べ物をつまみます。

おいしかったのがベトナム館の「エビ入り揚げ春巻き」
↓こやつです




ちと食いかけ写真ですが、うまかったです。
ウクライナ館ではデザートを食べましたが、ここのお姉さんが美人で。
美人と言えばリトアニア館の土産コーナーのお姉さん達は皆美人で。
日本人オンリーのワタシもさすがに目が眩む(←バカ)
友人はトルコ館の入り口案内をしているお兄さんに目を奪われ。

・・・何しに行ったんだっけ。

美しいのは人だけではないわけで、色々ありましたが、ここではアンコールワットの模型をご紹介。




基本的にワタシは西洋文明よりはアジアの文明の方(建造物とか遺跡とか)が好きで、アンコールワットも偉大だと思っておりました。
なのでこの模型はよくぞ作ったという感じ。
感動しました。
持って帰りたかった。ホントに。

そういえば、外国間の展示物はけっこう売りに出されていたようです。
なんか自国に持って帰るのが面倒だからとか?
確かに、どこだったかシーサーみたいなものが館の入り口に飾ってあって、その下に「売約済み」という注意書きが。
モンゴル館にいたってはゲル(テントみたいなやつ)を売っていたとか。
モンゴル館は行かなかったので現物見ていないですが、どんな人が買って、どこに置くんだ。
新宿中央公園?

イタリア館にはチョコだけでできた車。
これなら欲しい。




午後は日差しが強くなり、行列に並び疲れた人々が日陰で休憩。




土産屋はたくさんありますが、さすが名古屋という一品を飾っている土産屋が。




・・・

ノーコメントで。


さて、これから万博に行く皆さまへ。
予習はきっちり。
行くところは絞って。
食べ物は持っていくか、適宜つまむ。
日差しに注意。
トイレはこまめに。
といったあたりでしょうか。
健闘を祈ります。


2005年09月09日 (金) | 編集 |
某所にて「無料姓名判断」を発見。
友人と一緒に行ってみる。
時間の都合上ワタシだけやってもらった。

用紙に名前と生年月日を記入。
判断してくれるオジサンに○年と言われるが、△年だと反論すると、それは太陽暦だから違う、干支は太陰暦で考えるんだと指摘される。
はぁそうですか、それはスミマセンてなもんで、なんだか突っ込むと話が長そうだなという印象。

何を判断して欲しいのだと聞かれ、職業運と言うと、友人が結婚運にしなよと言うので、じゃぁそれで、と。

オジサン、職業運と結婚運を語ってくれた。
曰く、
「月は(実際には終始ファーストネームで呼ばれた。ナゼ?)、“アイツよりがんばってるのに認められない”とか思ってるかもしれないけど、今はそういう時期だから、“お先にどうぞ”くらいの気持ちを持ってるのが良いよ。」
「転職なんかは来年の2月4日まではしちゃダメ。ボタンの掛け違いになっちゃうよ。」
なぜ2月4日というと、太陰暦での年の変わり目だからだそうだ。干支からの判断らしい・・・ふむ・・・。

さて、続いてオジサン曰く、
「月は惚れっぽい。目移りするってことじゃなくて、好きになると周りが見えなくなる」・・・当たってる・・・かなぁ(笑)
「月は面倒見てくれる人が良いの」
「来年の今頃までは結婚しない方が良いよ」
「月は生まれながらにそういう性格なの」


うおおおおおい、姓名判断は?!


結局、生年月日による判断しかしてもらってないぞ~!
名前書かしたのはファーストネームで呼びたかっただけ?!
もっとさぁ、名字の画数がこうだからとか、名前の画数はこうだからとか、そういう話を期待していたのにぃぃぃぃぃ。

いや全くナゾのオジサンでしたわぃ。


2005年09月04日 (日) | 編集 |
友人のブログにて発見。
かなりひどい。
事実か否かなどのご判断はご自分の目で。

なお、食事の前後に見ることはお勧めしない。
気持ち悪くなるかもしれないので、それを理解したうえでご覧ください。

http://blog.livedoor.jp/safe_food_of_asia/archives/50010839.html


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。