• 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
2017年09月29日 (金) | 編集 |
銀翼のイカロス (文春文庫)
銀翼のイカロス (文春文庫)池井戸 潤

文藝春秋 2017-09-05
売り上げランキング : 36

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
花咲舞が黙ってない (中公文庫) ロスジェネの逆襲 (文春文庫) まほろ駅前狂騒曲 (文春文庫) オレたち花のバブル組 (文春文庫) オレたちバブル入行組 (文春文庫) アキラとあきら (徳間文庫) 新装版 不祥事 (講談社文庫) カエルの楽園 (新潮文庫) シャイロックの子供たち (文春文庫) インデックス (光文社文庫)


帝国航空の再建を任された半沢。

過去の不正融資、それを指揮した常務紀本。
不正融資の行きつく先は政治家箕部。
帝国航空の再建を自らの指揮のもと名をあげたい政治家白井。
手腕を評価されたい弁護士乃原。
半沢を叩きのめしに来た金融庁黒崎。

紀本とその部下の画策に翻弄されつつ、最終的に倍返しを決める流れが痛快。

最後には、中野渡頭取の辞任、倍返しに協力してくれた検査部富岡の出向と、寂しいことも。

続編が出る場合、誰が頭取になってるんだろう。

スポンサーサイト


2017年09月26日 (火) | 編集 |
「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告 (文春新書)
「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告 (文春新書)エマニュエル・トッド 堀 茂樹

文藝春秋 2015-05-20
売り上げランキング : 9914

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
シャルリとは誰か? 人種差別と没落する西欧 ((文春新書)) 問題は英国ではない、EUなのだ 21世紀の新・国家論 (文春新書) グローバリズムが世界を滅ぼす (文春新書) グローバリズム以後 アメリカ帝国の失墜と日本の運命 (朝日新書) トランプは世界をどう変えるか? 「デモクラシー」の逆襲 (朝日新書) 帝国以後 〔アメリカ・システムの崩壊〕 エマニュエル・トッドで読み解く世界史の深層 (ベスト新書) 自由貿易は、民主主義を滅ぼす 世界の多様性 家族構造と近代性 文明の接近 〔「イスラームvs西洋」の虚構〕


EUを仕切っているのはフランスとドイツと思っていたけど、ドイツらしい。

両国の歴史を振り返ると仲良かったことなんか一回もない、くらい言えそうだけれども、ともかく今はフランスがドイツに従う恰好になっている、と。

国を動かしているのはその国の金融機関である、とも。



2017年09月23日 (土) | 編集 |
グローバリズムが世界を滅ぼす (文春新書)
グローバリズムが世界を滅ぼす (文春新書)エマニュエル トッド 柴山 桂太 中野 剛志 藤井 聡 堀 茂樹 ハジュン チャン Emmanuel Todd

文藝春秋 2014-06-20
売り上げランキング : 17477

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
グローバリズム以後 アメリカ帝国の失墜と日本の運命 (朝日新書) 「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告 (文春新書) 問題は英国ではない、EUなのだ 21世紀の新・国家論 (文春新書) シャルリとは誰か? 人種差別と没落する西欧 ((文春新書)) トランプは世界をどう変えるか? 「デモクラシー」の逆襲 (朝日新書) 帝国以後 〔アメリカ・システムの崩壊〕 自由貿易は、民主主義を滅ぼす 世界の多様性 家族構造と近代性 エマニュエル・トッドで読み解く世界史の深層 (ベスト新書) 世界を戦争に導くグローバリズム (集英社新書)


帝国主義はとうに終わったものと見る方もいらっしゃるしょうが、経済の場にうつり、前と変わらない。

自由貿易という言葉に「自由」とあって聞こえは良いかもしれないが、自由貿易をやれば自国の産業は守れないし、育たない。
ある程度保護しながらやるしかないけど、強い国に押し切られ資本がどんどん流れていく。
一方で、過去のアジア危機のときのように一斉に資金が引き揚げてエライことになるケースもある。



2017年09月20日 (水) | 編集 |
新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方 (文春新書)
新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方 (文春新書)池上 彰 佐藤 優

文藝春秋 2014-11-20
売り上げランキング : 38573

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
大世界史 現代を生きぬく最強の教科書 (文春新書) 新・リーダー論大格差時代のインテリジェンス (文春新書) 世界史の極意 (NHK出版新書) おとなの教養 私たちはどこから来て、どこへ行くのか? (NHK出版新書) 希望の資本論 ― 私たちは資本主義の限界にどう向き合うか 知の武装: 救国のインテリジェンス (新潮新書 551) 国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫) 資本主義の極意 明治維新から世界恐慌へ (NHK出版新書) 世界を変えた10冊の本 (文春文庫) 賢者の戦略 (新潮新書)


池上彰、佐藤優。

世界がどういう状況にあるかを二人が語る。

歴史と宗教を学び、いま世界がどういう状況になって、動いているのか知りましょう。
情報収集は母国語が一番効率が良い。

色んなことを知っているし、牧歌的な方々ではないから、話の筋も分かりやすい。



2017年09月17日 (日) | 編集 |
家族という病 (幻冬舎新書)
家族という病 (幻冬舎新書)下重 暁子

幻冬舎 2015-03-25
売り上げランキング : 21586

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
家族という病2 (幻冬舎新書) わたしが子どもをもたない理由(わけ) 最後はひとり 自分に正直に生きる (だいわ文庫) 家族という名のクスリ 不良老年のすすめ (集英社文庫) もう人と同じ生き方をしなくていい―私の人生心得帖 贅沢な時間: 素敵な大人は、心を遊ばせる術を知っている (知的生きかた文庫―わたしの時間シリーズ) ちょっと気のきいた大人のたしなみ 若者よ、猛省しなさい (集英社新書)


話の大筋として、
「家族」を重く捉えすぎている、重要視しすぎている、結果縛られることになっている、
という話。

「家族だから〇〇」という言説にとらわれずに、個々の人間として向き合ったらどうかという風にも読めた気がする。

読み手がどういう家族とともにあるかによって、本書の見え方もだいぶ変わるだろうと思われる。
自分は共感できる方だった。


余談。
「家族の縛りから離れられない」というくだりから、大学のある講義を思い出した。
法社会学の授業だったが、殺人事件がなぜ起こるかって、殺人そのものが目的でない場合を除けば、加害者・被害者が逃れられない関係にあるから殺すしかないというところに行きついてしまう場合があって、たいがいの殺人は家族で起こる、と。



2017年07月30日 (日) | 編集 |
ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて (早期購入特典「しあわせのベスト」「なりきんベスト」を先行入手することができるアイテムコード 同梱)
ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて (早期購入特典「しあわせのベスト」「なりきんベスト」を先行入手することができるアイテムコード 同梱)
スクウェア・エニックス 2017-07-29
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Newニンテンドー2DS LL ブラック×ターコイズ New ニンテンドー3DS ACアダプター (New3DS/New3DSLL/3DS/3DSLL/DSi兼用) ニンテンドー3DS版 ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて 公式ガイドブック (SE-MOOK) Newニンテンドー2DS LL ホワイト×オレンジ ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて (早期購入特典「しあわせのベスト」「なりきんベスト」を先行入手することができるアイテムコード 同梱) 【New 3DS LL対応】ブルーライトカットフィルム for NEW ニンテンドー3DS LL Newニンテンドー3DS LL メタリックブルー ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて ロトゼタシアガイド for Nintendo 3DS (Vジャンプブックス) 【New3DS / LL / 2DS 対応】CYBER・USB ACアダプター ミニ (3DS用) 【海外使用可能】 Newニンテンドー3DS LL パールホワイト


オンラインゲームだった10はやらなかったので久しぶりのドラクエ。
王道!
楽しいわ。



2017年05月21日 (日) | 編集 |
先日、4日間寝ていた。
風邪。
結果的に、たぶん、風邪。
だいたい一日寝てれば治るのにどうも治らず、体がとにかく熱い、頭痛がひどい。
もともと頭痛持ちなので体調崩すと一緒に頭痛がやってきやすい。
寒気もある。
インフルか?
と思ったときには病院はあいていない時間帯だったので寝続ける。
水分補給もしなければとコンビニへ。
コンビニは重要なライフラインだなと改めて思う。
病院へ行って検査をしてもらったがインフルではなかった。
じゃぁ何なのか。
いっそインフルで、薬のんで治ってすっきりの方がマシだったろうか。
ともかく原因が分からないので風邪だったのだろうと思うことしかできない。
症状として咳だけ残るのがつらい。

かたや。
歯茎にできものが。
痛くもないので放置していた。
別用で歯医者へ行ったときに、どうも歯の根がよからぬ状態になっていてそれが歯茎にまで出てきたと。
神経をとっている歯のあたりなので、なにも気づかずにいたのかもしれない。
放っておくのは良くない。
かぶせものががっつりしてるのでこれを壊して中を開けるという治療。
あるいは外からレーザーあてたりする治療。
対症療法より病原をつぶす方が性に合うので中を開けることにする。
親知らず4本抜いてるから何とかなるだろう。
歯医者の治療の怖さというのは、現実に生じる痛みよりも、歯の中で医療機器もはや工具がすさまじい音を立てることが大きいと思う。
もう一つ、幼子を虫歯から守るために歯医者への恐怖心を植え付け煽るという教育が行われることにより、徹底して怖いものだと刷り込まれることがあるだろうなと思う。



2015年11月27日 (金) | 編集 |
ロスジェネの逆襲 (文春文庫)
ロスジェネの逆襲 (文春文庫)池井戸 潤

文藝春秋 2015-09-02
売り上げランキング : 254

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
オレたち花のバブル組 (文春文庫) オレたちバブル入行組 (文春文庫) 銀翼のイカロス 下町ロケット (小学館文庫) 民王 (文春文庫)


池井戸潤。

半沢直樹シリーズ。

企業買収にからめた倍返し。
出向先社員も惹きつけ、策を弄する敵を粉砕。
毎度のことながら物語の展開がうまい。



東京中央銀行の子会社東京セントラル証券に出向した半沢。

電脳雑技集団が東京スパイラルを買収する案件の相談を受けるが、東京中央銀行にアドバイザーの地位を持って行かれる。
フォックスが東京スパイラルのホワイトナイトとして登場するが、それは東京中央銀行の描いたシナリオ。
電脳雑技集団による買い付けに加え、支援に見せかけてフォックスが東京スパイラルの株式を取得することで、一気に買収を進めるという絵だった。

東京セントラル証券は逆に東京スパイラルから買収阻止のためのアドバイザーの委託を受ける。

実は、フォックスは経営難、電脳雑技集団は粉飾決算を行っていた。
これを知るに至り、東京中央銀行の役員会議に乗り込んだ半沢は、東京中央銀行の三笠副頭取、伊佐山証券営業部長を論破。
東京中央銀行は電脳雑技集団の買収資金の支援を行うのを中止。

かくして、東京スパイラルに依頼された買収阻止を達成、粉飾決算会社への支援をする寸前の東京中央銀行も救う結果となる。

子会社にいながら親会社にたてついたということで半沢は東京中央銀行に戻る道を失ったかに見えたが、中野渡頭取が優秀な社員だからと営業二部次長として戻ることに。



半沢が、部下の森山を諭すセリフが良い。
自分も常々思っていること。
気に入らなければお前が変えろ。
仕事は客のためにするもんだ。



2015年11月22日 (日) | 編集 |
日本は世界5位の農業大国 大嘘だらけの食料自給率 (講談社+α新書)
日本は世界5位の農業大国 大嘘だらけの食料自給率 (講談社+α新書)浅川 芳裕

講談社 2010-02-19
売り上げランキング : 5562

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
TPPで日本は世界一の農業大国になる 日本の農業が必ず復活する45の理由 日本農業の真実 (ちくま新書) 日本は世界4位の海洋大国 (講談社+α新書) 「食料自給率」の罠 輸出が日本の農業を強くする


ちょっと前の本であり、書評を見ていると真偽定かでないところもある様子。
とはいえ、国の発表を鵜呑みにしていてはいけないとの主張は分かりやすく語られている。



2015年11月18日 (水) | 編集 |
最後のトリック (河出文庫)
最後のトリック (河出文庫)深水 黎一郎

河出書房新社 2014-10-07
売り上げランキング : 58103

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
夜の床屋 (創元推理文庫) その女アレックス (文春文庫) 花窗玻璃 天使たちの殺意 (河出文庫) 白砂 (双葉文庫) ○○○○○○○○殺人事件 (講談社ノベルス)


ネタバレあり。

島田荘司が解説を書いているので期待して読んでみた。
読みやすくはあったが、タイトルほどのインパクトではない。





ミステリーにおいていろんなトリックが使い尽くされ、残るは読者が犯人というものしかない、という話。

友人の連帯保証人になった香坂誠一が、別の友人であり作家である私に手紙を送ってよこす。
(香坂と私が友人であることは物語後半で明かされる。)
トリックをあげるからアイデア料として2億円で取引しないかと。
そんなバカな話はないと思いつつ、魅力を感じずにはいられない。

一方で麻薬取引で外国人が遺体で発見される。
容疑者が香坂で、警察がやってくる。

香坂は人に文章を読まれると、それを敏感に感じ取り体調が悪くなるという“能力”の持ち主だった。

自殺では保険金がおりず、妻子に金を残せないので自然死に見えるよう、作家である私に手紙をよこし、自分の過去の恥ずかしい思い出をさらし、それを私が連載小説にすることで、世の人に読まれ、よって体調悪化の末に死ぬという計画だった。

だから、香坂の文章を読んだ読者が犯人なのだ。